« 0530 打ち込み型パッティング | トップページ | 0532  当たった予想(逆手のパット) »

バスケット選手のドリブルはまるでボールが手に吸い付いているかのように見える。しかし掴(つか)んでしまってはルール違反だ。競歩では常にどちらか一方の足が地面に着いていなければならない。走ってはいけない。

ドライヴァーで打たれたボールはほぼスイング方向へ飛び出す。フェイスの向きが斜めでもフェイスの向きに飛ぶわけではない。しかしそのあとで曲がる。なぜボールは曲がるのだろうか。それならパッティングのボールはスイングの方向に飛び出すのか、それともフェイスの面の向きに飛び出すのか。

ビリヤードのボールを打つとき、ボール中央やや下側を打つとバックスピンが掛かり、そのボールが転がって別のボールに当たると、当てられたボールは動き出すが打ったボールはその場でピタリと止まる。

パターのフェイスにはプラス数度のロフトが付いているので、フェイスはほんの僅かながらボールの真ん中よりも下側に当たる。だから出だしはビリヤード同様にバックスピンがかかる。パターを地面から2センチ1ミリ浮かせて打てばブレードがボールに当たるのでバックスピンは掛からない。

パッティングでボールを正確に目標へ転がす最も簡単な方法はパターのフェイスをボールに沿わせて、つまり接触させてから押し出すことである。しかしそれはルール違反だ。ゴルフボールはとても硬いが、硬いとはどういうことだろう。

多くのものは熱を加えると柔らかくなる。速度と質量も硬さに影響する。ドライヴァーでたたかれたゴルフボールはゴムまりのようにへこんでいる。ドライヴァーのフェイスに残っているボールをたたいた痕(あと)は明らかに面である。点ではない。

柔らかいものは打った瞬間にははじき出されないでしばらくヘッドにくっついている。それはボールを押していることにならないか。カップに向かって真っ直ぐ打つにはインパクトでパターのフェイスが目標に直角であればいい、だけではない。

バックスイングが目標ラインの延長線上を動いて来てボールに当たればいいが、斜めから入ればたとえフェイスの向きが正しくてもボールは真っ直ぐ転がらない。カップに向けて真っ直ぐ打とうとしたとき、クラブフェイスがちょっとでも斜めになっていたらフェイスはボールの真後ろをたたくことは出来ない。

フェイスがちょっとでも右を向けばフェイスはボールの真後ろより少し左側に当たるし左向きになっていればフェイスはボールの真後ろよりも右に当たる。クラブフェイスが真っ直ぐでないとボールが真っ直ぐ出ないのは馬鹿に当たり前な話だが、その原理はちょっと意外な感じがしないだろうか。これはプロとして思い当たる節のある話だ。

テニスの初心者に共通する不思議な癖がある。ラケットの面が向いている方向へラケットを動かそうとするのだ。本能的なものなのだろうと思うが、これがなかなか治せないらしい。

テニスはゴルフと違ってボールを回転させてナンボのスポーツである。回転方向とその量によってボールをコントロールする。だからラケット面が向いている方向へラケットを動かすことはまずない。カットするとボールの飛ぶ方向が微妙になるが、それを覚えることがテニスとさえ言えるほど大事なことだ。

パターの場合ヘッドスピードはゆっくりしているのでボールを擦(こす)る成分はかなり少ない。したがってボールの真後ろをたたけばボールは真っ直ぐ走る。だからパターヘッドがゴルフボールのような球で出来ている練習用の器具や、鉛筆の先のようなものでも普通のパターと同じようにボールはうまく打てる。

ボールの真後ろをたたけるかどうかだけの話だから、パターフェイスが面でも針の先でも同じことだ。パターフェイスが平らなものと球状の器具と、パターとして普通に使うならば実は球状の方がいいのだが、平面の場合はインパクトの瞬間に方向の修正が利く。

その技術には条件が二つある。一つはゴルファーの才能、もう一つはパターがボールを押していなければならない。ところがボールを押すのはルール違反だ。打つのと押すのとどう違うか、そしてインパクトは点か面か、それがパターの秘密である。

ゴルフボール二個を接着剤でつないだパター練習器具がある。これを真っ直ぐ転がすのは至難の業だが、私はこれを幾つか作ってパットのうまいゴルファーに試験を頼んだ。何回に一回真っ直ぐ転がるか調べた。

結果は20回に1回くらいで私と変わらなかった。しかし彼らのパットの腕は確かで、特別下手な私と比べればワンラウンドで18は違う。だからこの練習器具がどれほど役に立つか疑わしい。

それよりもおもしろいのはパットの上手なゴルファーのコメントだった。誰もが言うのは、この練習器具は役に立つが、自分のパットはパターフェイスをやや斜めにボールへ差し込む感じでやるから、この器具を真っ直ぐ転がすことは出来ない、と言うのだ。

つまりテニス同様、ボールをコントロールする秘訣は如何に長い間ボールをラケット面上やパターフェイスの上に持ち続けられるか、ボールを押し続けられるかにかかっている。それは言い方を変えれば如何に長い時間ボールを押し続けながらルール違反にならないテクニックを持っているかということである。

果たしてルールは「押す」ことと「打つ」ことをどう見分けるのだろうか。パットの名手は押している。百歩譲って擦(こす)っている。私がボールを動かさないように気を付けてパターフェイスをボールに接触させ、そこからボールを押し出せば明らかにルール違反だろうが、どこで線を引くか、おもしろい話だ。

青木功プロのパットは世界一である。青木さんのパットは如何にもパチンと打っているように見えるが、本当だろうか。あの方がボールを長く持っていられるのではないか。そんな気がしてきた今日この頃。

ついでに青木さんはネックのところでボールを打つ。シャフトのねじれはシャフトから離れるほど大きくなる。時計の針が10分進んだときに軸のすぐそばでは針はちょっとしか動かないが、先では沢山動く。だからネックのそばで打つのは正しい。

青木さんのパターはヘッドの回転、つまりフェイスの向きの変化を敏感に察知するタイプで、その情報を手に伝えて打っている。今時のパターでは出来ない芸当だ。

青木さんはパターをハンドダウンにして打っている。そうするとシャフトは時計の針の様になってフェイスの向きがシャフトの動きでわかる。縦に振っているとフェイスの向きはあの小さなフェイスを必死で見つめなければわからない。それでも微妙な向きの誤差は見えない。シャフトは長い。よく見える。

変則と言われる青木さんのパットは、どこから見ても理にかなっている。もしもパチンと打つのが実はボールを長く持つ秘訣だとしたら、青木さんのパットは完璧に理にかなっていることになるのだが、どうだろうか。

フェイス面の硬度に関するルールがどうなっているのか知らないが、柔らかいほどボールを長く保持できるのは明らかで、したがってボールを押すためにはルールぎりぎり柔らかいフェイスのパターを使えばいい。 

« 0530 打ち込み型パッティング | トップページ | 0532  当たった予想(逆手のパット) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0530 打ち込み型パッティング | トップページ | 0532  当たった予想(逆手のパット) »