« 0468 グリップ力 | トップページ | 0470  私が一般的なスイングで打つとどれくらい飛ぶのか »

グリップの違いはボールの行き先に微妙な影響を与える。普段ヴァードングリップでストレイトボールを打っているゴルファーがわしづかみのベイスボールグリップで打つと左右どちらかに曲がる。曲がる方向はゴルファーによって違うが、そのゴルファーにとっては常に一定して曲がってくれる。
 
右手の小指だけでなく薬指まで二本をオーヴァーラップするダブルオーヴァーラップで打っても、ボールは普段とちょっとだけ違ってくる。どうしても右には打ちたくない場合や、左の池が気になるような場合、スイングをちょっと変えて失敗するゴルファーが多い。プロは練習量が人生全体だからいいが、アマチュアには無理だ。

その点グリップを変えるのは簡単でしかもスイングに大きな影響を与えない。普段のグリップを基本に、状況によってグリップを変えることはスイングを取り替えるより安全で確実な方法である。極端な話バンカーショットはリヴァースグリップで打つ、というプロがいるくらいだ。(私は彼がトーナメントで実際にリヴァースグリップでバンカーショットをしたときのヴィデオを持っている)

私にはその気持ちがとてもよくわかる。バンカーはリヴァースグリップの方がいいかも知れない。スコップやシャベルを持つのだって、右手がグリップエンドで左手は柄の中間、つまりリヴァースグリップなんだから砂を掘るのにリヴァースグリップを使うのは洒落ている。

スライサーが左を向いて打てば左へそのまま真っ直ぐ飛んでしまう。これは理屈通りで問題はない。しかしこれを避ける手は、無い。スイングを変えるということにはこういう話も含まれている。

スライサーは普通グリーンやフェアウェイの目標地点を見ていながらスタンスは目標よりも右を向いている。つまりはカット打ちになってボールは目標に向かって飛びだし、そこからスライスする。彼らが左を向いて打とうとすると何が起こるか。

彼らは依然としてグリーンやフェアウェイの打ちたい地点を見ている。ボールを打つ目標は左の架空の目標である。しかし彼らは幾らかグリーンに向かって振ってしまう。それでいつもとは逆のインサイドアウトスイングになる。架空の目標は左にあるからボールはドローする。

ドローヒッターの場合もそのドローがフェアウェイセンターへ向いて打ってもラフまで行かない程度ならば問題ないが、幾らか右を向かなければならないとスライサーと同じ事が起こる。スイングを変えるのは簡単ではないのだ。

またクラブフェイスを開いたり閉じたりして球質を変える方法は、シンプルな話に聞こえるのとは裏腹に極めて難しい、という話は前に何度か書いた。それに比べたら握り方を変えることはちょうどRのシャフトをSに変えるような、またその逆のような作用なのでスイングには影響がない。ただボールの行き先が少しだけ変わる。

シャフトに合わせてスイングを作るのは大変だが、逆に言えば普段のシャフトとスイングでストレイトを打っているゴルファーがシャフトの剛性を変えることで普段のスイングのままスライスやドローが打てるように、握りを変えれば似たようなことが起こせる。ラウンド中にシャフトは交換できないが、握り方は選べる。

注意
握り方を変えるとヘッドの軌道が微妙に変わる。あまり大きく変わると芯を外したりシャンクしたりする。握りを変えて打つときには必ず素振りで地面を打ってみて、軌道の変化を確かめなければいけない。筆者

« 0468 グリップ力 | トップページ | 0470  私が一般的なスイングで打つとどれくらい飛ぶのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0468 グリップ力 | トップページ | 0470  私が一般的なスイングで打つとどれくらい飛ぶのか »