« 0608 カプルズのヨーヨー打法(0313)補足 | トップページ | 0604 三日月の尾(続パットの軌跡の話) »

毎日椅子に座っているときにはずっとクラブを握っている。スイングのイメージを固めているわけだが、グリップの具合を微妙に動かしながら調整するので、時々一つの方向へ突っ走ることもある。

金槌打法は初心者の打法というか、ド素人のグリップを使う。右手は極端に右側から持つドホックグリップで、左手は極端なストロンググリップ。ボールは右手でたたく。左手はアドレスからトップまで、手の甲の向きは衛星受信用パラボラアンテナのように一点(放送衛星)を指し続ける。

本当の初心者がやればボールはなかなか上がっていかないし方向も安定しない。距離も出ないはずだ。しかしあえてその初心者のスイングをヴェテランゴルファーが使うとなれば、事情は少し変わってくる、かも知れない。

右手でたたく打法。思い切り振り回せばいい打法。「金槌打法」。どことなく私の打法の全く逆の打法のような気がするので、そうすると私の打法はさしづめ「釘抜き打法」ということになる。何だかわからないが、そう言われてみると妙に雰囲気のある呼び名だ。 筆者

« 0608 カプルズのヨーヨー打法(0313)補足 | トップページ | 0604 三日月の尾(続パットの軌跡の話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0608 カプルズのヨーヨー打法(0313)補足 | トップページ | 0604 三日月の尾(続パットの軌跡の話) »