« 0477  熊手型スイングとライ角 | トップページ | 0478  めちゃくちゃなライ角と付き合うゴルファーの腕 »

その1・・・尋常(じんじょう)な話として

前向きパットの弱点はバックスイングが十分とれない点で、それでロングパットが打てない。これを何とかするためにアイアン型パターを作ったが、それと平行して前向きパターで鉄球パットを打って練習するのが良かろうと思い、練習を始めた。それでわかったのは私の場合強く打つとダフる、ということだった。

パットもショットと同様強く打つのは難しいことで、力を出せば出すだけ腕や体のブレは大きくなる。ショットは長さに応じたクラブがあるから強く打つ必要はドライヴァー以外ないが、パターは一本だけなので長いパットはより強く打たなければならない。

鉄球パットで強く打つ練習をすると、軽く打つのがどんなに楽かつくづくわかる。鉄球パットで170センチを正確にヒットし、思った通りのラインへ打ち出せるようになって、そこで普通のゴルフボールを打つと、わかっていてもなおかなり強く打ってしまうが、それは錯覚ですぐに修正がきく。

それよりも驚くのはゆっくり打ったつもりでかなり転がるからもっとゆっくり打つのだが、それはほとんどボールに触っているだけの感じになり、つまりスイングにブレなどあり得ない、起こり得ないくらいそっと打つ感じになるのである。

その2・・・異常な話として

鉄球で前向きパターの練習をする一方、出来たばかりのアイアン型パターがあるのでそれで鉄球を打ってみた。すると予期せぬ出来事が起こった。その1で話したとおり、鉄球パットで慣れたあとに普通のゴルフボールを打つと、感覚が麻痺しているからいくら加減してもかなり強く当たる、と言うのは当たり前ではなかった。

アイアン型パターで鉄球を打つと、普通のパターなら最初は感覚がわからないからほとんど転がらないが、アイアン型パターだとピーンと音を立ててしっかりとカップまで届いた。その直後にゴルフボールを打ってみたが、これもその1とは逆に強くは当たらず普通に転がってカップインした。何度やっても同じだ。

その3 なぞ

アイアン型パターは鉄球とゴルフボールの重さの違いを無視する。無視できるのはなぜか。そもそも鉄球とゴルフボールを交互に打ちながら、何の加減もせずになぜ思った通りの速さで両方の球が転がるのか。ヘッドの重さかと思って普通のパターに重りを付けてみたが変化はなかった。

一つだけ違うのは打ち方である。パターはやわらかく握る。ボールが思いの外重ければその重さに負ける。しかしアイアン型パターはアイアンショットと同じ感覚で打つのでインパクトでグリップは非常に強く握られる。鉄球を打ったとき感じたことだが、ボールの重さを感じた瞬間ボールは勢いよく飛びだした。

手首が鉄球の重さに負けず、跳ね返されなかった。急いで同じことをアクシュネットでやってみたが、

人工芝の上で鉄球にゴルフボールをぶつけると鉄球は4センチ前進し、ゴルフボールは44センチ跳ね返った。無論のことに鉄球とゴルフボールの素性は調べてあるがゴルフボールの表面の物性についてはわからない。とにかくそれだけの違いがある二つのボールを同じ感じで打って同じ距離だけ転がせることが問題なのだ。

パターヘッドが普通の形だとして、それが1トンの重さだとしよう。このパターで鉄球とゴルフボールを同じ速度で打ったら、何が起こるだろうか。打たれたあと、それぞれのボールは転がるが鉄球は重いから地面の抵抗でゴルフボールほどは飛ばない。しかし地面の摩擦を無視したときに、どちらがどれだけ先まで転がるのか、考えている。

誰だってパットの距離を考えて力加減して打つ。当たり前だ。ところが鉄球とゴルフボールを同じように打てば転がる距離は劇的に違う。ところがアイアン型パターは同じ距離転がる。つまりゴルファーがパットの距離を考慮するときにはゴルフボールの重さも考慮しているということになる。あっあっ、当たり前か。その当たり前は、何だろう。

たとえばゴルフボールの重さには規格があるが、規格には幅がある。とすれば重いグリーンと速いグリーンとでボールの規格内ぎりぎりの軽重を使い分ければ、ゴルファーはいちいちグリーンに合わせてフィーリングを変える必要は、なくなる。 筆者

« 0477  熊手型スイングとライ角 | トップページ | 0478  めちゃくちゃなライ角と付き合うゴルファーの腕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0477  熊手型スイングとライ角 | トップページ | 0478  めちゃくちゃなライ角と付き合うゴルファーの腕 »