« 0285 ボールはなぜ転がるのか(悩めるパターの妄想) | トップページ | 0287 ブラックボックスdeゴルフ »

フェイスを開いて構えるとき注意しなければならないことがある。クラブフェイスにセンターマークがあるアイアンでボールのセンターに合わせてアドレスすると真ん中には当たらない。フェイスが回転して正面向きになるわけだが、そのときの回転軸はシャフトで、しかもそのシャフトはインパクトに向かってインサイドアウトに動いている。


アドレスして考えればわかることだが、そのままインパクトを迎えればボールはフェイスのネック寄りに当たる。アイアンはヘッドの先端に向かって重みが付けられているからトルクが非常に大きい。その重みのためにヘッドは回転しながら外側、向こう側、先の方に引っ張られる。シャンクにはならなくともフェイスのセンターには当たらない。


フェイスのセンターでボールが打てるのは当たり前のことではない。よくよく考え、自分なりの思想を構築しなければできない芸当なのだ。クラブフェイスは回転しながらボールに接近する。ウッドの場合はヘッドのキックが小さいので軌道のブレはわずかだ。しかしアイアンは回転する力のせいで遠心力が働き、その方向が問題になる。


フェードヒッターが安定しているのはアウトインにヘッドを引っ張るのでヘッドの回転を許さないからだ。たとえパターであっても、L字型のようにシャフトがヘッドの端に付いているものには回転トルクが発生する。

それはフェイスの真芯でセットアップしたはずのパターフェイスの真ん中でボールをヒットさせてくれないようになっている。ゴルファーはそれを無意識に感じていて補正している。大抵はカット気味に動かすことで補正する。アイアンはフルショットになるのでそんな余裕はないし、ドローヒッターには不可能な話だ。


つまり意識的に考え、調べ、自分なりの対策を講じ、いつでもクラブフェイスのセンターでボールが打てるようなシステムを作り上げなければならない。それを忘れると距離が合わなくなったりミスショットが出る。フェイスのセンターでボールを打つことは「考えなければ出来ない」ことだと、誰も言わないが、事実だ。 筆者

« 0285 ボールはなぜ転がるのか(悩めるパターの妄想) | トップページ | 0287 ブラックボックスdeゴルフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0285 ボールはなぜ転がるのか(悩めるパターの妄想) | トップページ | 0287 ブラックボックスdeゴルフ »