« 0374  売れるパターはよく入るのか | トップページ | 0376 ゴルフのハンデ戦 »

0375 ボールを真芯で捕らえる、知識
ゴルファーはどうすればボールをドローさせられるか「知っている」。どうすればバックスピンを多めに掛けられるか「知っている」。どうやって弾道の低いボールを打つか「知っている」。しかしボールを真芯で捕らえる方法は「知らない」。
ボールをクラブヘッドの真芯で捕らえる技術もまた、些細な知識の団子である。真芯で打てるまでどれほど練習しても、真芯で打てない日がやってくるし、打てない時が必ずある。どんなに練習しても意味がない。
知っているのと、知らずに出来るのとは同じでない。ボールを打つという、当たり前過ぎるほど当たり前のことが、実は知識だった。どうすれば当たるか、知っていなければならないものだった。
ボールを真芯で捕らえる方法は沢山ある。それはフェードボールの打ち方にいろいろな方法があるのと同じだ。いつどこで、どの方法を使うのが一番いいか、それは些細な知識の塊(かたまり)である。
クラブフェイスのセンターでボールを打つ練習の効果は永久に暫定的だが、クラブフェイスのセンターでボールを打つ方法を見つけるために練習することは決定的である。
どう打つとフェイスの先に当たりやすくなり、どう打つとネックの近くに当たるか、全てを知った上に、ボールを真芯で捕らえる技術がある。それは知識であって、知っているかどうかであって、ただ出来る出来ないという話ではない。 筆者
スワンネック(実体もないのにむやみにドメインを登録し、それを売って儲けようという浅ましい民族がいたために、スワンネックという名前は使えなかったので、イージー・スワンを使っている。筆者)はボールを真芯で捕らえるのに便利なデザインになっている。
インパクトの時に、クラブフェイスのセンターをイメージするのは案外難しいことで、それはクラブがL字型で、その一辺の真ん中にセンターがあるからだ。スワンネックはシャフトのアクシス(中心軸)上にクラブフェイスのセンターがある。
ルールがスワンネックを禁じた理由はまだわからないが、パターでは禁止されていない。現代的パターはほとんどスワンネックであるのを見ても、シャフトとクラブヘッドのセンターが一直線上にあることは便利この上ない。
逆に考えれば、アイアンを打つとき、ゴルファーはシャフトを振るのだが、シャフトを振るという思い込みが過ぎて、ヘッドの位置を忘れると真芯で打てなくなる。シャフトを振ることと、クラブヘッドのセンターをスイングさせることとが同じでないからだ。
ウッドはトルクが小さいのでほとんど問題ないが、アイアンは上達するほど危なくなる。上手なゴルファーは、クラブを振るということがシャフトを振ることではなく、クラブヘッドを振ることだという事実を忘れてはいけない。
そのためには、アイアンのクラブヘッドはシャフトの先から横へ飛び出た位置にあるのだと、そう意識するのを忘れないよう、気を付けた方がいい。アイアンヘッドは日の丸を上げるあの旗竿の先に付いている金色の玉とは違う位置にある。

« 0374  売れるパターはよく入るのか | トップページ | 0376 ゴルフのハンデ戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0374  売れるパターはよく入るのか | トップページ | 0376 ゴルフのハンデ戦 »