« 0381 アドヴァンスパターの試作(飛ばないパターを欲しがる理由) | トップページ | 0552 最近見なくなったバックスイングの形式 »

私は「ヘッドアップするな」という話が嫌いで、ことあるごとに反抗している。ヘッドアップはスライスを招きやすいし、何よりナイスヒットしにくい。しかしそりゃ体が動くのだから当たり前で、体を動かさなければゴルフは出来ない。
軸さえブレなければヘッドアップに何の不都合もない。ヨーヨー打法などはヘッドアップとは違うが、軸もヘッドももろともに大きく動く。だからマックロイは世界一になれたし、タイガーだって全く同じヨーヨー打法で世界に君臨できたのだ。
ショットの場合、一般的にはヘッドアップするとパワーが逃げるから距離のロスが起こりやすい。ところが、パットの場合は逆にボールが伸びる。つまりヘッドアップしないと強く打てることになる。
距離をギリギリに合わせたパットをしてみるとよくわかるのだが、普通に打つとカップまでわずかに届かないとき、同じ力加減で今度はヘッドアップしないで、ボールを打ったあとに視線をボールがあった場所に残してストロークすると、ボールはカップインする。
つまり強く打てると言うか、思い通りの距離感が出ている。ヘッドアップしないで顔を残したときは、ヘッドアップを気にせず打ったときと比べて肩の動きが違うようだ。右肩はボールを押し出すかのようで、二の腕(肩からひじまでの腕)が伸びる感じがする。
同時に首が窮屈になり、無理をしていることがわかる。逆に言えば、ヘッドアップを気にせずパットする場合、右腕の二の腕がグッと伸びる感じと首が窮屈になる感じを出せれば、効果は同じだろうと思う。
パットは届かなければ入らないとよく言われるが、私にそんなイメージはない。それよりも、カップのところで左右にクリッと曲がる私のボールをカップインさせるために、幾分強く打たねばならないという、その幾分の加減を、この方法が勝手にやってくれることを期待している。 筆者

« 0381 アドヴァンスパターの試作(飛ばないパターを欲しがる理由) | トップページ | 0552 最近見なくなったバックスイングの形式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0381 アドヴァンスパターの試作(飛ばないパターを欲しがる理由) | トップページ | 0552 最近見なくなったバックスイングの形式 »