« 0249 基準はウッド、それともアイアン? | トップページ | 0251 狙いを定めるとき、フェイスのどこを見つめるか »

プロがうまいのは大きめのクラブで軽く打っているからだから、大きめのクラブで軽く打つとスコアが良くなることは証明済みだが、なぜかという理由は別に探さなければならない。それにしてもアマチュアはプロのまねをしたがるものなのに、何でまねをしないのだろうか。アマチュアはギリギリのクラブで目一杯打つ。不思議だ。
トーナメントにおける平均飛距離280ヤードのプロが遊びで目一杯打てば310ヤード以上飛ぶ。280ヤードが目一杯のプロがトーナメントでも平均飛距離280ヤードならば、それはものすごくコントロールのいいプロである。

つまり「目一杯」というのは正確に打てる範囲の「目一杯」で、だからたとえ310ヤード打てるとしてもトーナメントで280ヤードなら、それがそのプロの目一杯ということだ。従って遊びで310ヤード飛ばせるプロにとってそれはゴルフではなくて、別の遊びに過ぎない。

アマチュアはゴルフとは違う別の遊びをしている。私は150ヤードの打ち下ろしに大体7番アイアンを使うが、同じ150でも打ち上げではクリークを持つことが多い。アマチュア的に言えばどちらも目一杯ではないが、私的には目一杯である。
プロゴルファーが見せるミスショットの中で一番興味深いのは、ティーショットでドライヴァーを使わずスプーンで打ったときに起こすミスショットだ。これはプロの気持ちがよくわかっておもしろい。プロはいつもドライヴァーをプロとしての目一杯で打っている。もっと安全なクラブとしてスプーンを持ったとき、心が揺れる。
スプーンはドライヴァーより飛ばない。それでスプーンを持つ。飛びすぎると困るからだが、それならスプーンをいつも通りのプロの目一杯で打てば何にも起こらないはずなのに、なぜかそこでアマチュアの目一杯で打ってしまうらしい。プロといえども慣れない位置から慣れないクラブを持つのは難しい。
大きめのクラブで軽く打つ方がスコアがいい理由の一つは「ネガティヴフィードバック」に書いたとおりだが、もう一つはグリーンで転がってくれるからだと思う。プロはスピンが効いてすぐ止まるが、アマチュアは幾らか転がる。

目一杯のクラブでショートするのがお決まりのアマが、ワンクラブ長いのを持って軽く打つとナイスヒットするからグリーンまで届く。そして転がる。グリーンは結構大きいからピンが真ん中にあっても10ヤードは転がらないとピンに寄らない。

目一杯のクラブでやっとオンすると少なくとも10ヤードはショートする。大きめのクラブはそこの所をカヴァーしてくれる。相当腕の立つアマでもショートとオーヴァーを比べればショートが多い。手前から、などど強がってはいるが、届かないんだ。
と言うわけでこれ以上大きいクラブでは絶対グリーンからこぼれると確信する一つ手前のクラブを持って普通に打つとゴルフはやさしい。ただし練習場の飛距離はゴルフ場では出ない。ゴルフ場では3割引だと思った方が正しい。

3割と言えば5番アイアンで160ヤード打てるゴルファーがゴルフ場では120ヤードということになって、そんな馬鹿なと思うかも知れないけれど、ダフリやその他のミスを合計して平均化するとちょうどそのくらいになる。

ティーショットだけは別で、これは練習場そのままでも大丈夫。つまりライによって飛距離は桁違いに変わる、ということだ。だから打ちにくいライでは3割引でちょうど良くなる。私は練習場を知らないけれどティーアップできるティーショットの距離から換算してゴルフをしている。そういう点でも大きめのクラブは効果が大きい。 筆者

« 0249 基準はウッド、それともアイアン? | トップページ | 0251 狙いを定めるとき、フェイスのどこを見つめるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0249 基準はウッド、それともアイアン? | トップページ | 0251 狙いを定めるとき、フェイスのどこを見つめるか »