« 0540 ほんの30センチのパターマットに、パットの奥義(おうぎ)が隠されていた | トップページ | 0542  パッティング時に体重移動を、していますか、いませんか? »

30センチのパットを打ったときに、どうすればパターヘッドがボールより先にカップを通るのか。そうならない理由は強く打ち過ぎているからだとわかった。30センチのパットは強くても弱くても入るので強く打つのが普通だ。

ところが強く打つとパターヘッドよりボールが先にカップへ届く。弱く打って確実にカップへ入れるのは案外難しいことで、どうかすると170センチのパットよりも入らなくなる。一番確かなのは右腕一本で打つことだ。

一本の腕で打つとスイングは不安定になるが、距離がないから問題はない。何よりいいのは、力加減をうまく出せるところで、実際腕一本で打つプロもいたくらいだが、距離が長いと使えない。

30センチを右腕一本で打つと、パターヘッドが簡単にボールより先にカップへ届く。これは腕一本だからあまり強くは動かしたくないという心理と、必要な強さを、生まれたときからずっと使い慣れた右手がよく知っているからだろう。

試しにこの右腕の手首のところを左手で軽くつかむと、途端に打つ強さが見えなくなる。つかまなくても、左腕を右腕の近くに持ってきただけで、やはり距離感が消えていく。そういう格好は普通しないから不自然なのだ。

右腕一本で何かを動かしたり持ち上げたり、人間はずっとやってきた。その時左腕が必要なければ、左腕はどこか別の場所にあって、体のバランスを取っているはずだ。左腕を、パターを持っている右腕に近づけただけで、それは右腕一本で行う動作のバランスを阻害する。

ところで、両手でバットを持つような動作も、人間のする動きとしては珍しくはない。だから慣れているはずだと思うが、30センチのパットをしてみると、右腕一本で打つ方がはるかに簡単にパターヘッドがボールより先にカップへ届く。実際にやってみるとこの不思議さがわかる。

不思議な感じが全然しないか、あるいは両手でも片手でも同じようにパターヘッドが先にカップへ届くならば、あなたはパットに苦労していないゴルファーだと思う。 筆者

« 0540 ほんの30センチのパターマットに、パットの奥義(おうぎ)が隠されていた | トップページ | 0542  パッティング時に体重移動を、していますか、いませんか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0540 ほんの30センチのパターマットに、パットの奥義(おうぎ)が隠されていた | トップページ | 0542  パッティング時に体重移動を、していますか、いませんか? »