« 0487 パターとボールの選び方 | トップページ | 0489  買ってはいけないパター »

かまぼこ、最後の一切れは倒れるが、ロングアイアンはロフトが立っているのでフェイスが細く見える。小さく見える。サンドウェッジはフェイス面が非常に大きく見えて、立体的な見方をしないで射影としてみればバッフィーを構えているのと同じになる。

ここにロングアイアンの問題がある。私に言わせればロングアイアンのロフトが立っていてボールが上がらないことを恐れ、それで打ちにくくなっているのではなく、方向が見にくいからアドレスでセッティングするのが難しくて打ちにくいのだ。

実際3番アイアンと同じロフトのウッドにそういう打ちにくさはない。もっとも、アイアン自体のトルクがアイアンを打ちにくいクラブにしているというのが根本的だが、だから飛ぶんだと言われれば返す言葉はない。

最近のパターは上から見てT字型になっている。奥行きが深く、フェイスと直角なラインが長く刻まれているものもある。ウェッジなどはフェイスのセンターに縦線を入れればパターのそのラインと同じ使い方が出来る。

しかしロングアイアンのフェイスに縦線を入れてセンターラインとしてみても、ロフトが立っていてほとんど見えない。大きなソールを付ければラインは引けるが、それではウッドになってしまう。ソールが当たって跳ね返されるのでアイアンの意味がない。

本当はその方がダフらないからいいのだが、まだそれを納得するゴルファーは少ないし、プロは確かに打ち込めなければ困るかも知れない。そこでアイアンヘッドの上部に屋根というか、ひさしを付けてみた。その上にラインを引こうと思った。

厚さ1センチの三角定規のような形のアクリル板をアイアンフェイスの上部に取り付けるのだが、やってみるとこれがなかなか考えさせられる。立体の難しさに出会うわけだ。ウッドヘッドの上部、フェイスの近くには大抵センターマークがある。矢印だったり丸い点だったりするが、それをパターのように長く伸ばしたものは見たことがないだろう。

出来ないのだ。パターはほぼ真上からパターを見下ろすから目標ラインをパターの背中に書き込むことが出来る。しかしウッドのヘッドに書き込むと妙なことが起こる。実際にやってみるといい。ウッドのセンターマークからヘッドのお尻まで真っ直ぐなラインを書き込む。

こりゃ便利だと思って構えてみるとうまくないのだ。ヘッドが平面でないことも問題だが、たとえ真っ平らなヘッドのウッドでも、やはり構えてみるとそのラインは真っ直ぐ目標を向かないように見える。
R&Aのルールに引っかかるから何をやってもダメだが、やるだけはやってみた。結局ロングアイアンのフェイスのセンター上部に、マッチ棒程度のバーを一本取り付けるだけでロングアイアンは打ちやすくなる。構えやすくなるからだ。

吹き流しのように、真っ直ぐ水平に飛球線上にセットされた棒は、アドレスの時にフェイスの向きの微妙な変化を拡大して知らせる。棒がピタリととまる。フェイスの向きに安心感が出る。見える面積の大きなウェッジではフェイス面そのものがそういう役割を果たしている。

前に書いたが、ウェッジのフェイスに透明のアクリルの塊(かたまり)を、ちょうどロフトが18度になるようにして貼り付ける。それを構えると透明だからウェッジのフェイスが見える。ウェッジを打つつもりになってロングアイアンを打つと、誰でもロングアイアンは打てる。

つまり、ロングアイアンを構えるとき、小さすぎるフェイスを懸命に見つめながら何とか方向を決めようとしている間に、体が硬くなってとてもスイングできる状態でなくなる。だから打ちにくいのだ。 細かいことは気にせず、気楽に振ってしまえばボールはそれなりに飛ぶ。筆者

« 0487 パターとボールの選び方 | トップページ | 0489  買ってはいけないパター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0487 パターとボールの選び方 | トップページ | 0489  買ってはいけないパター »