« 0507 左折禁止ドライヴァー | トップページ | 0509 マーク・ウィルソンとジョン・ヒューストン »

正しい構え方があるわけではない。ドライヴァーヘッドを地面に置かないで構えるゴルファーを除いて、ほぼ全てのゴルファーが打てるわけのない構えから立派に打っているのだ。

だから正しい構え方などない。ただ、なぜボールをフェイスの真ん中で打てるのか、打てるはずはないのに。そのからくりはゴルファー自身が身につけたものだが、そこで一体何が起きているかだけでも、各自が考えることは無意味ではない。

知っていれば、真ん中に当たらなくなったときに、的はずれの「正しい方法」を採るというミスを犯さずに、自分のからくりに手加減を加えるだけで済むわけだ。

地面にあるボールを打つなら、そのわきにフェイスを置いて、ボールの中心とフェイスのセンターが一致するように構えて打てばいい。同じことを、ティーアップしたボールに対してやろうというなら、ヘッドを空中に置いて、フェイスの中心とボールの中心を合わせればいい。

しかしそれはなかなか疲れる話だから誰もやらない。それでいいのだ。ただ、理論的には、ティーの根元とフェイスのセンターを合わせるように、地面にヘッドを置いた構えから、ボールを打てるはずはない。

ティーアップしたボールを打つときに、ヘッドの底は地面を打たない。それどころか、ティーさえ飛ばさずに打っている。つまり、構えたときのヘッドは、打つときにはだいぶ上に上がっている。
ところが、このリフティングという動作は、ヘッドが真っ直ぐ上に上がる動作ではない。もっと立体的なものであって、クラブはシャフトの傾斜に添ってどちら側かにスライドする。どちらにスライドするかはゴルファーのスイングによる。

そのスライドが、上下の動きとしてだけ意識されるので、ゴルファーはゴルフ場で普通に見られるような構え方をする。だが本当は、クラブヘッドはボールの向こうからこっちまで横にも動いている。

滑り台から滑り降りてくる子供は、上から下に動いていると同時に、右から左、あるいは逆に左から右へも動いている。真っ直ぐ垂直に落ちているわけではない。斜めのスライドだから当然だ。

ボールに対してどんな構え方でも、ゴルファーは平然とボールを打っている。クラブフェイスのセンターで打てる。だが、そこにはゴルファー一人一人のからくりがある。だから打てる。

たとえば新しいドライヴァーを試打したとき、フェイスの先に当たったり、ネック寄りに当たったりすることがあるだろう。それは今まで使っていたものと違うクラブだからで、まだからくりが出来上がっていないわけだ。

私はそういうとき、ヘッドを空中に構える。それが実際にボールを打つときのクラブの姿勢だからだ。そこからヘッドを地面に静かに下ろす。そうすると人にもよるだろうが、大抵クラブヘッドはティーよりも手前、体に近い方の地面に腰を下ろす。

どう構えたって当たるときは当たる。だから正しい構えというのはない。ボールを打とうとする本能で打つなら、構えさえいらないのだ。ところが、ゴルファーはアドレスでの構えを大事にする。

大事にするのは、妙なところへ構えていながら真芯で打つためのからくりを身につけるためであって、それ以外の何物でもない。それを知っていることが大事だ。ボールの後ろにヘッドを置くというのは相当変な話だと、知っているだけでいい。 筆者

« 0507 左折禁止ドライヴァー | トップページ | 0509 マーク・ウィルソンとジョン・ヒューストン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0507 左折禁止ドライヴァー | トップページ | 0509 マーク・ウィルソンとジョン・ヒューストン »