« 0489  買ってはいけないパター | トップページ | 0491  パットで体が動くとなぜ悪いのか  »

「脳感パット」というタイトルは洒落(しゃれ)ではない。パットについて考え込んでいるときに、そのままの言葉が頭に浮かんだ。あとから「ノーカンパット」とも読めることに気付いた。

左利きなのにゴルフは右という人が多い。左利きは器用と言うか何と言うか、右でも字が書ける。私が左手で書くと脳梗塞(こうそく)のリハビリと同じになって、きれいに書くのは大変だ。

日本はサウスポーに冷たい社会で、ハサミだってようやくこの頃左用が普通に売られるようになったが、歯医者の椅子とか手術台はまだ左用は浸透していない。日本はサウスポーの人口がカナダなどと比較して極めて少ないからだろう。

そういうわけで日本のサウスポーは右でも左でも使えるようになった。もともと両手に格差の少ない文化圏のサウスポーとはちょっと経緯が違うが、結果的には同じことになっている。

道具が簡単に手に入るといっても、左利きの人がわざわざ右打ちでプロゴルファーになることは滅多にない。つまりゴルフを遊びと考えた場合、それはゲイムの色彩が強く、スポーツと言うほどではない。

趣味としてゴルフをする場合、サウスポーにとっては利き腕の左でゴルフをするよりも、右でする方が結果がいい。だから右でゴルフをするサウスポーが多いのだ。どうして結果がいいのだろうか。

ひとつには、利き腕の左で打てば力が出る。力が出せる。しかしスコアは力ではない。飛距離ではない。アマチュアはプロのように人生を賭けた究極の練習量で勝負するわけではない。

サウスポーの利き腕は左腕だから、右でゴルフスイングをした場合、スイングをリードする軸腕が利き腕になる。これが非常に効果的なのは想像に難くない。だからサウスポーの右打ちはショットが安定する。

そこまではわかるのだ。しかし、何で妙にパットがうまい奴がいるのか、それは謎だ。先天的にパットがうまいゴルファーを二人知っている。ショットはそんなにうまいわけではないのに、なぜかパットがうまい。長いパットを入れるし、短いパットは外しそうな気がしない。二人ともサウスポーの右打ちゴルファーだ。

私のパットが再び昔の救いがたいパターに逆戻りしたのでブブックを読み返した。するとタッチの出やすい握り方が書いてあった。忘れていた。前向きパットの場合、両手の平が目標を向くような握り方が、なぜだかわからないが、打ちやすい。

その握り方ではスイングは窮屈で、ちょっと嫌なのだが、構えたときに距離感が出る。ボールを打つ力加減が鮮明にイメージできる。なぜだろう。両方の手の平を目標に向けるという形は、バスケットボールをアンダースローでトスするような形になっている。

つまり、両手の平にスイカを乗せて抱えている状態で、それを前方に投げる。子供の頃から「し慣れている」、そういう素朴な形になるのだが、それがなぜ、投げる加減を絶妙にイメージさせるのか、そこが問題だ。

もしかすると、このスタイルは私の脳に沢山の履歴を持っていて、そのせいでこの形から前方へ物を投げるときの力加減がよくわかるのかも知れない。左利きが右打ちのパットで絶妙な感性を持っている理由はまだわからないが、問題は脳だ。

スウィッチヒッターというのがある。バッターボックスで左右どちらの側からでも打つ。大抵は左利きの選手が右でも打てるからスウィッチヒッターになるのだが、どちらの側に立った方が打率が高いと思うか。

左利きだから長打を打つのは左のバッターボックスからだろう。けれどもヒットの数は右打席に立った場合の方が多い可能性があると、思う。なぜかというと、私はテニスコーチだからフォアハンドもバックハンドも打つわけだが、明らかにバックハンドを打つときの方がボールがよく見える。

飛んでくるボールの、刻々と変わる空間座標が、フォアハンドで構えたときより鮮明に見えるのだ。逆を考えると、サウスポーは右の打席に立った方がボールがよく見えるかもしれない。

私はこんなことを考えている場合ではない。餓死するか、パットがうまくなるか、時間の問題だ。 うーん、 筆者

« 0489  買ってはいけないパター | トップページ | 0491  パットで体が動くとなぜ悪いのか  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0489  買ってはいけないパター | トップページ | 0491  パットで体が動くとなぜ悪いのか  »