« 0331 ゴルフスイングとセカンドサーヴ | トップページ | 0333 左利きが右でゴルフをすると上手なのはなぜ »

0332  現場での素振り
野球のバッターは三振まで3回チャンスがある。テニスのサーヴは2回打てる。ところがゴルフスイングは一発勝負だ。一発勝負の危険を出来るだけ回避する第一の策は現場での素振りである。

前上がり前下がり、左足上がりに下がりと足場はその都度変化する。だから同じスイングで間に合うわけがない。それを何とか間に合わせるために、その場所で素振りをする。

そうすると傾斜のある足場では大抵手前を打ったり空(から)振りになったりする。ダフッた場合はちょうどそれと同じ位置関係になるところで構えて打てば当たる。空振りのときには空振りしなくなるまで素振りで調整し、地面に当たるようになって初めて、その位置を確認して打つ。

練習場のように2度以上続けて同じ形状の足場で打てるなどということは打ち直し以外にあり得ない。だからプロも現場で素振りをするだろうし、バンカーが難しい理由も素振りで地面を打てないからだ。ただ体をほぐすための素振りはティーグラウンドだけだ。

スイングを調整する上で現場ほど確かな場所はない。練習場のスイングを現場で上手に使うには現場に合わせる素振りが欠かせない。たとえ平らな場所でも地面の硬さが違うかも知れない。柔らかければフルショットで必ずダフる。足場が柔らかいのだから右足は必ず沈む。素振りをすれば打つ前にそれに気付く。

どれほど面倒でも、「現場の素振り」を忘れてはいけない。ボールから30センチ下がってほぼフルスイングする。それでヘッドが芝に触れば大丈夫だ。上級者はたいてい一度で済むが、ド素人は二三度やって当たることを確認する。

ゴルフ場にとってはディヴォット痕が少し増えるが、やむを得ない。現場の素振りに得は多いが損はない。ここまで言ってもなかなか出来ない言わば芸当なのが「現場の素振り」だ。不思議だが本当だ。

練習場を試し打ちの場所と考えれば、これだけよく試し打ちするゴルファーたちがなぜ、本番で試し打ちできるのにやらないのか、不思議だ。現場の素振りは試し打ちとほとんど変わらない効果がある。つまりミスショットが出なくなる。

一年の始まりである元旦の今日、今年最初のタイトルとして私はこれを選んだ。ゴルフのレヴェルがどうあれ、「現場での素振り」はミスショットを劇的に減らす。これは疑いようのない事実だ。

フルスイングでの素振りが空を切れば、素振りをしないで打ったらその一打は本当はトップしていたことになる。ヘッドが芝をかすめるまで素振りをして、安心してショットをする権利をなぜ放棄するのか、よく考えていただきたい。

何にでも理由はある。自分のその心理を解明し、そのままでいいのか、それとも「現場の素振り」をする方がいいのか、決めればいい。その決定は本人の自由だ。どちらにするか、それは本当に本人の自由だ。

私は現場で素振りをしないゴルファーの気分はわかる。私自身がそうだったからだ。いいショットをしたいと思うくせに、そのための最高の方法を採らない。時間がかかるわけではない。それなのに素振りをしたくない気分がある。

私は素振りを欠かさなくなったが、それは素振りをしなければいけないと信じることが出来たからであって、なぜ素振りをしたくないという気分が出てくるのか、ゴルファーとしてのその心理については考えなかった。難しそうだったから。

考えたければ考える方がいい。それは私の方法より優れている。結論が出たとき、あなたは人間として数段進化しているだろう。筆者

« 0331 ゴルフスイングとセカンドサーヴ | トップページ | 0333 左利きが右でゴルフをすると上手なのはなぜ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0331 ゴルフスイングとセカンドサーヴ | トップページ | 0333 左利きが右でゴルフをすると上手なのはなぜ »