« 0522 ライヴ有村 痛恨 ウェッジが刺さった(24/6/2012) | トップページ | 0524 空手チョップと平手打ち、アップライトとフラット »

ゴルフスイングには沢山の種類、方法がある。どれでもいいのだが、自分のゴルフスイングがどういう種類なのか、知っていることは大事だと思う。私のようにアイアンとウッドで異なるスイングを使うゴルファーもいるだろう。

私のアイアンは軽く打つと右へ飛ぶ。ウッドは反対に左へ飛ぶ。私はその意味を知っているし、そのメカニズムを了解しているから、スイングを調整すればアイアンを軽く使って左へ飛ばすこともできるが、それよりは少し左を狙って普通に打つ方がミスの確率は少ない。スイングの調整は難しいことなのだ。

ヘッドを走らせる技術を持っているゴルファーのスイングは軽く打つと左に飛ぶ。一方私のアイアンスイングのように、ブレーキを掛けながらアクセルを踏むタイプのスイングでは軽く打つとやや右に出る。私のウッドスイングはブレーキを掛けないので、軽く打つと左によれていくわけだ。

こうして自分のスイングのメカニズムを知っていると、まだやったことがないようなスイング調整をするときに予想が当たる。どうするとどうなるか、それを経験的に知っているだけでは予想は成り立たない。ミスショットが起きたときに、その原因を探るにしても、自分のスイングのシステムを知らなければ原因を突き止めにくい。

というわけで、軽く打ったときに右に出やすいスイングと、左に出やすいスイングがあって、それは自分のスイングを知る重要な手がかりになるだろう。 筆者

« 0522 ライヴ有村 痛恨 ウェッジが刺さった(24/6/2012) | トップページ | 0524 空手チョップと平手打ち、アップライトとフラット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0522 ライヴ有村 痛恨 ウェッジが刺さった(24/6/2012) | トップページ | 0524 空手チョップと平手打ち、アップライトとフラット »