« 0237 自分のスイングを信じますか? | トップページ | 0240 ウェッジの難しさを知る方法 »

右手の握り方で右横から差し込めばホックグリップ、上から差し込めばスライスグリップになる。昔の習慣にならえば右手の親指と人差し指の作る角が左肩を向くとスライスグリップになり、右肩を向けばホックグリップと呼ばれる。

この区別は大変便利で、スイングがスクエアならばスライスグリップで握ると本当にスライスするし、ホックグリップにすれば本当にホックする。どれくらい曲がるかは経験を必要とするが、とりあえず右か左か決めて打つ場合にこれ以上簡単で便利な方法はない。スライスグリップとかホックグリップという名前は本当なのだ。
球を曲げるのにフェイスを開いて構えたり閉じたりするのは簡単そうで簡単でないという話は何度も書いたが、スイングを変えないで違った球質を打ち分けるなどという甘い話はない。
ヘッドを開くとヘッドの重心位置が変わるためにスイングが変わってしまう。ドライヴァーヘッドを180度回して下に向け、それでスイングすればいつもと同じスイングでないことにすぐ気付く。クラブの動きが変わるからだ。
フェイスを開いて構え、いつもと全く同じスイングが出来るとすればスライスするはずだが、そう簡単にはいかない。ヘッドの動きが勝手に変わる。それでスライスやホックの量が思い通りにならないし、ミスヒットも多くなる。それに対してホックグリップやスライスグリップはフェイスを開くのと違って普通に構えるからヘッドの挙動は普段と変わらない。
ただ右手の利き方が変わるのでスライスやホックになる。このごくわずかな力加減を意識的にするのは大変で、体の仕掛けを利用する方が安定する。ところが万年スライサーにとってホックグリップは役に立たない。
スイングが一応丸いとして、その円盤面を広げていって地面と交わるところに接線が出来るが、それが正しく目標を向いているスイングだけがホックグリップやスライスグリップの恩恵を受けられる。
スライサーはほとんどの場合円盤が左に向いている。これを直さないでホックグリップにするとボールは当然左に飛んでしかもホックする。だからホックグリップは使えない。何をやってもどうにもならない。初心者のスライサーは案外スクエアに振っているが、ゴルフクラブの根性がねじ曲がっているのでどうしてもスライスする。
何とかしたいとだんだん左向きのスイングになり、いよいよスライスがひどくなる。そうして万年スライサーになったあかつきには左向きに打ち出してスライスさせ、フェアウェイの真ん中にボールを落とす。左に打つから、つまりカット打ちになるからスライスするとは夢にも思わなくなってしまう。
たまにがんばって右に打ち出せばボールはそのまま右に飛び出してしかもややスライスするから「やっぱり駄目だ」とあきらめる。なぜ右に打ち出したのにドローしないのか、二つの場合がある。一つは本当に右へは打ち出していない場合で、これは重傷である。錯覚に気づくのは簡単でない。
もう一つはクラブフェイスも一緒に開いてしまう場合だ。普段の打ち方ではフェイスは目標に対してスクエアになっている。だからこそ左に振ればボールを擦ることになり、スライスが出る。円盤を右に向けられたとして、そのときフェイスも右に向けたらボールはプッシュアウトのストレイトになる理屈だ。この場合は気付けばすぐ直る。
重傷の方を簡単に言えば、右に打ち出すスイングをしているゴルファーの足下の大地がそのスイングスピードより速く左に動いている、ということだ。無論地面は動かない。本人がそういう風に動いているだけだが、気付かない。

« 0237 自分のスイングを信じますか? | トップページ | 0240 ウェッジの難しさを知る方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0237 自分のスイングを信じますか? | トップページ | 0240 ウェッジの難しさを知る方法 »