« 0405 どのクラブで打っても飛距離が変わらない女性ゴルファーの悩み | トップページ | 0407 現場での素振り 2 »

もうかなり以前から、私はアイアンとウッドで違うスイングを使っている。私のアイアンスイングにはバネがない。バネを使わないことで、正確なショットが簡単に出来るからだ。バネを引っ張って離すにしても、離し方がわずかに違えばバネの力は驚くほど違ってくる。

バネの引っ張り具合がかすかに違うだけでも、生まれるパワーは桁違いになる。定規の目盛りと対数目盛くらい違うので、ほんのちょっとが大きな差になってくるのがバネだ。

からくり人形にもバネは使われているだろうが、動作を制御するために、バネを利用する場面では必ずストッパーが用意されているはずだ。バネが持っている「力」だけを利用する。そうすればバネの精度を考えなくて済む。

均一な精度のバネを生産するのは簡単ではない。しかしバネは非常に安価で十分なパワーをため込む優(すぐ)れものだから、私たちはバネを使い続けてきた。昔のパチンコ台はレヴァーを引っかけて離す。あれはバネだ。
今のパチンコ台を見たことはないが、仮にそれが非常に精巧なモーターで球をはじき出す仕組みで、しかも球の精度が高ければ、打つ前からどのポケットへ球が落ちるか決まっているだろう。釘師(くぎし)はいらないのだ。

ジャスティン・レナードというからくり人形型のゴルファーがいる。彼のスイングにはバネがない。だから飛距離はないけれども正確に飛ぶ。一般的なプロゴルファーはバネ式だが、精度の高いバネを作るのは極めて難しいから、バネ式の場合は飛距離というアドヴァンテイジを利用して勝つというシステムになっている。

ジャスティン・レナードはからくり型なので真剣にマネをしようと思えば誰にでも出来る。ロコ・メディエイトはド素人よりも素人臭いスイングだからもっとマネしやすい。しかし飛ばないから使う人は少ない。

私の経験から、バネを使わないアイアンスイングは6番アイアンまで十分に使える。5番から3番まではそれなりに飛距離が増していくから使えないことはない。しかしどうしても直接グリーンに乗せてとめなければならない状況では使えない。

日本のゴルフ場の場合、一流と言われるコースは距離はたっぷりあるが、必ず花道があるので距離さえ間に合うならばロングアイアンが使える。しかし狭い敷地に作られたコースは距離の不足分を補うため、転がってオンするようには作られていない。

飛距離があってしかも高い球を打たなければならないように設計されている。だからロングアイアンは使えない。そういうコースでからくり人形型のアイアンスイングを使う場合、平坦な160ヤードまではアイアンを使うが、それ以上はウッドを使うしかない。

150ヤードでもやや上り坂ならばウッドが必要になる。そういう状況ではロフトが26度程度のウッドを持っている必要がある。私はまだ持っていないが、用意しようと思っている。

このようなクラブセッティングは女子プロと似ているかも知れないが、女子プロは全てバネ式である。非力だからからくり型のスイングをする女子プロは日本には存在しない。

私がアイアンでもバネ式のスイングを使っていた頃、173メートルのパー3は3番アイアンを使って届いていた。ヤードに換算すれば190ヤード近い。つまりバネ式ならばそれだけ飛ぶ。実際ウッドは今もバネ式だからバッフィーで190ヤードと決まっている。フルショットすれば200までは間に合う。

ウッドをバネ式スイングで済ませる理由がある。それは方向性が適当でいいという話ではない。たとえ100ヤードでもフルショットが100ヤードのウッドがあれば私は迷わずウッドを使う。今まで書き続けているように、ウッドというクラブのヘッドはバランスがいいからだ。

スピンを掛ける必要から生まれたアイアンは、スピンを掛ける必要がない場面で使うべきではない。アイアンよりもウッドの方がヘッドバランスが良く、歪みが少ないから安心して打てる。

たとえば残りが100ヤードで、ピンがグリーンの奥にある場合、ウェッジではスピンがかかってとまるから100ヤードキッカリ打たねばならない。もしも90ヤード飛ぶウッドがあれば、それでグリーンまで打てば、転がってピンへ近づく。その方が結果がいいのはわかり切っている。ミスがないからだ。
バネ式で打ってもヘッドバランスがいいウッドならばザックリもなければトップもなく、バネ式で十分正確に打てる。ただ、そういうウッドをバッグに入れる余裕がない。スピンが必要な場合があるからだ。

極端に言えば、バンカーがある限り、ウェッジは持っていなければならないだろう。いつもいつもバンカーが水浸しで、打てばボールが吹っ飛ぶ状況ならば、ウッドでも同じことだが。ウッドはバネ式で打っても正確に打てるから距離的にもはるかに有利なのだ。

どこかで書いたことがあるが、バネとか、ペインティングナイフのような弾力のある道具は使いこなすのに熟練の技術を要する。出来ればそういう不確定要素を持たないスイングでゴルフをしたい。

だから私はジャスティン・レナードと同じからくり型スイングでアイアンを打つ。そして距離がある場合はヘッドバランスのいい、打ちやすくてミスの少ないウッドをバネ式で打ってコントロールと同時に飛距離も稼ぐ。

今のところこの話はアマチュア向けであるが、アメリカのゴルフ界に陰りが見えてきたこの頃、コース設計の主流がイギリス的なものに戻れば、私のアイデアはプロのゴルフにも不可欠なものになる。 筆者

« 0405 どのクラブで打っても飛距離が変わらない女性ゴルファーの悩み | トップページ | 0407 現場での素振り 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0405 どのクラブで打っても飛距離が変わらない女性ゴルファーの悩み | トップページ | 0407 現場での素振り 2 »