« 0420 限界15度C | トップページ | 0422 バックスピンは掛けられない、理屈 »

グリップの摩擦力は非常に大事だということは書いてある。それならベタベタの接着剤を使って握ればスコアが良くなるかというと、そうでもない。ゴルフグリップの一部分にだけ薄い紙を貼って、一本一本の指を、個別に摩擦のない状態にしてみた。

グリップしている指を一本ずつ摩擦のない状態にしてスイングすると、その指のグリップ力がスイングに対してどれほど影響するのか、しないのかがわかる。こうして調べてみると、グリップがないと非常に困るのは左の小指、人差し指、そして親指だった。

その次に右の人差し指で、あとの指にグリップ力は必要なかった。そんな当たり前の結果の中で、初めて気付いたのはグリップには二つの意味があることだ。グリップはクラブを支えるものだが、ズレが問題になる場合と、問題にならない場合がある。

扇風機などのモーターは軸がブレないように支えられてはいるが、ズレはなければならない。つまり軸が滑らないと回らない。出来るだけ摩擦ゼロでズレなければならないし、それでいてガタつかないように支えなければならない。ややこしいのだ。

グリップが大事だと思う指は全て、規則正しくスイングを司(つかさど)り、スイングにブレもズレも起こさないための指たちだった。しかし野球のバットを振ることを考えると、そういう力ばかりがグリップ力ではない。

野球では左の小指と薬指と中指でバットを支え、右の小指と薬指でさらにバットを支えている。ゴルフと比べると左手は親指だけが違うが、右手は全く違っている。バッティングのグリップには支点が二つあるのか力点が二つなのかわからないが、ゴルフグリップの支点は左の小指と薬指である。

ゴルフでは左の小指が支点になり、同じ左の人差し指を力点にする左腕主義の私のようなタイプもあるが、一般的には右手の小指が力点になっているのでそれは野球と変わらない。ゴルフは右手の小指を左手の人差し指にオーヴァーラップするか絡ませて使うが、いずれにしてもそこが問題になる。

左の人差し指だけで力点を作るのか、それとも右の小指の力を借りるか、運命の分かれ道。どちらがいいという話ではない。自分の方法とは違う方法を試してみて、その結果を見る。それが正しい。

知識はそれだけでは何の役にも立たない。せいぜいクイズに答えられるだけで意味がない。知識の本当の意義は、豊富な知識が、その事実の先にある未知の世界への一歩を踏み出すための「動機」モチヴェイションになることだけだ。

だから勇気のない奴にどれほどの知識があっても意味はない。ただのゴミに過ぎない。乏しい知識で未知の世界へ一歩を踏み出せば結果は悲惨だろうが、踏み出さないよりはましだ。

知識が豊富になればなるほど、その先を見たいという好奇心が強くなる。誰も知らない一歩先の世界を見たいと思う。だからこそ知識に価値があるのだ。その先の一歩を踏み出す勇気のない奴に知識の価値はないし、そういうパイオニア精神に敬意を払わない日本の文化は、永遠に世界の後塵を拝するしかないだろう。

クイズに答えるような、見せるだけの知識はウンコと同じだ。そんなもの見せたって何にもならない。見えない先を見ようという力の泉であって初めて、知識は意味を持つ。筆者

« 0420 限界15度C | トップページ | 0422 バックスピンは掛けられない、理屈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0420 限界15度C | トップページ | 0422 バックスピンは掛けられない、理屈 »