« 0546 スティーヴ・ジョーンズを知っていますか | トップページ | 0548 アコーディアの英断 »

パットで右ひじを曲げて構えるとそこがクッションになってショートしやすいが、ひじを伸ばして構えると借り物の道具を使うような違和感が出て安心感が消えてしまう。いろいろとやっているうちに、当たり前のことに気付いた。

私の場合、5メートルのパットをするよりも、グリーンエッジから7番で5メートル先のカップを狙う方がカップインの確率が高いと、しばしば書いてきた。パターでも7番でも同じ5メートルならばスイングの大きさはさほど変わらないのに、どうしてだろうか。

一つは、コロガシは一度ボールを空中に飛ばすので、落とし場所さえ決めればあとは飛ばしと転がりの比率通りの距離が簡単に打てるということだが、実はそれだけではなかった。
一般的にパットは手首を固定して動かさない。腕というか、肩の回転だけで打つ。これが基本だ。ところがコロガシでアイアンを持ったときは、パットの5メートルがコロガシの5メートルになった瞬間、手首のコックを使うようになる。これが大違いだということに気が付いた。

手首のコックを使って打つと、あら不思議、距離感が思いのまま出る。ショートもしなければ、普段のパットでよくある、「あっ」という声が出て強めに打ってしまうこともない。つまり、手首の動きは距離感についてはとても正確なものだった。

パットで手首を固定するわけは、手首の動きで打つと、打ち出しの方向に不安があるからだが、どれほど方向が正確であっても、距離感を間違えれば入らない。真っ直ぐのラインだけはそれで入るが、そんなラインはほとんどない。

パットの名手の多くは両腕を伸ばして打つと書いたが、ひじを曲げた構えだと手首のロックは頑丈になるが、両腕を伸ばして打つと、手首が微妙に動くのがわかる。手首が柔らかくなって、少し振り子のように動く。これだとボールはショートしない。

つまり手首が少しでも動けば、その抑揚(よくよう)がボールを飛ばす。ショットでノーコックとコックと、飛距離が断然違うのと同じ原理だ。というわけで、方向を犠牲にする覚悟があるなら、腕を振るより手首のコックだけで打つ方が思った通りの力加減で打てる。

私のパットはカップに嫌われるので、方向が合っていても入らない。だから力加減を大事にして、運良く方向がよいときには必ずカップインしてくれる方がありがたい。パットにニヤピンはいらないのだ。 筆者

« 0546 スティーヴ・ジョーンズを知っていますか | トップページ | 0548 アコーディアの英断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0546 スティーヴ・ジョーンズを知っていますか | トップページ | 0548 アコーディアの英断 »