« 0541 30センチのパターマット2(右腕一本のパット) | トップページ | 0543 逆クローグリップ(パットは右手、という話2) »

ゴルフ場へ行けないのでパットの練習ばかりしている。それで気付いたのだが、子供の頃から運動をしている人は体重移動が身に付いている。運動能力が高いほど、小さな動きで大きなパワーを生み出すコツを体が覚えてしまっている。

そういうゴルファーがパットをするとき、全く意識がなくても、体重移動は行われている。それは予定外のパワーを生んでいる。全く体を動かさないようにしていても、見事に体重移動が行われる。

無意識だから移動の程度は気分次第である。入れたいと思う気分次第だ。だから距離感が狂う。運動経験のない人が大人になってゴルフを始めた場合、体重移動が出来ない。だからショットは飛ばないがパットは安定している、ということが起こる。

自分が昔から何らかのスポーツをしていたならば、体重移動を使ってパットしていることを知っていなければならない。足腰の強さにもよるが、試しに体重移動のないパッティングを体験したいなら、両足を、元に戻すのに苦労する程度、相当大きく広げたスタンスを取ってパットしてみればわかる。

それだけ大きく足を広げたスタンスでは、体重移動は出来ない。それで打ってみたとき、違和感があるだろう。その違和感は、体重移動しないで打ったからだ。逆に言えば、違和感のないパットでは体重移動が行われている、ということだ。

体重移動がいい悪いという話ではない。やっているのにやっていないと思い込んでいるのはいいことではない。やめるかどうかはその先に考えれば済む。ただし、大股を開いて構える以外に、体重移動をとめる方法を思い付かない。

とめることが無理ならば、積極的に利用する方法を考えればいい。 筆者

« 0541 30センチのパターマット2(右腕一本のパット) | トップページ | 0543 逆クローグリップ(パットは右手、という話2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0541 30センチのパターマット2(右腕一本のパット) | トップページ | 0543 逆クローグリップ(パットは右手、という話2) »