« 0495  前向きパットの光と影 | トップページ | 0497 ヒザの送りでパットを打つ、非常識な話 »

車が走り出すとき、大きな始動エネルギーを必要とする。水に浮かんでいるピンポン玉もバンカーのゴルフボールも、まるで接着剤で張り付いたようになっていて、まずこれを剥がすのにかなりのエネルギーがいる。

グリーン上でボールは芝の上にとまっているが、転がっているときはともかく、とまっているところから動かし始めるとき、問題が起こる。長いパットは強く打たなければならないから何の心配もないが、ごく短いパットでしかも下りだったりすると触る程度のヒットになる。

ボールが始動するときは芝との戦いが一番大きいわけで、芝は決して均一ではないから真っ直ぐ押しても真っ直ぐ動き出すとは限らない。グリーン上で何度もボールを置き直すプロを見ていると芝を整形したい気持ちがわかる。

打ち損じて右や左にボールが飛び出ることもあるが、悪いことは何もしていないのに思わぬ方向へボールが出ることもある。ボールの目線で見ると、向かって右の芝生がちょっと長く、壁になっていて、ゴルファーが真っ直ぐ打っくれても私は左に出そうなんです、と言っている声が、聞こえませんか? 筆者

« 0495  前向きパットの光と影 | トップページ | 0497 ヒザの送りでパットを打つ、非常識な話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0495  前向きパットの光と影 | トップページ | 0497 ヒザの送りでパットを打つ、非常識な話 »