« 0485  パット神経は案外無神経なものではないのか、という話 | トップページ | 0487 パターとボールの選び方 »

強く打てば曲がらないのに弱く打つと曲がる。弱く打つ場合は芝目や傾斜の影響が出るから当然だと思っていたら、実はそれだけでもない。強く打つのと弱く打つのとでは、スイングが同じでない。同じ軌道を描かない。

何でもゆっくりの方が簡単だとは言えない場合のあることを、私たちは知っている。大抵のことはゆっくりやる方が間違いが少ないが、たとえば鉛筆でさっと引いた線は、ゆっくり引いた線よりも滑らかになる。中華は強火でさっとやる。むろんゆっくり丁寧に引いた線は遠目に見れば真っ直ぐで、それはさっと引いた線よりも正確に真っ直ぐで、うーん。

パットの練習をしていると、強く打つときと弱く打つときと何かが違うことに気付く。ボールがフェイスに当たるその場所が上下にズレていた。打ち方のせいかもしれないが、強く打つときにはシャフトが撓(しな)ってパターのロフトは小さくなるだろう。ロフトが変わると打ち出しの方向が変わる。

余程硬いシャフトを探せば別だが、普通のシャフトを使う場合、強く打つ時ほどボールを左に置いて打てばしなりが戻ってからボールをたたける。前向きパットではボールを距離に応じて少しずつ前に置いてみた。

ゴルフ場でロングパットを打つとボールが跳ね上がることがある。これはロフトがゼロ以下になって、ボールを地面に押しつけるように打ってしまうからだ。

したがってパチンと打つタイプはボールの位置を変える方がいいことになる。ゆっくり大きく引くタイプはしなりの影響が少ない。いつでも同じ場所にボールをセットするならば、距離に応じてバックスイングを大きくする振り子タイプで打たなければならない。

私はパチンと打つタイプなので、ボールの位置を変える方を選んだ。パターのシャフトもしなる。ヒッコリーはないか。何時だったか、パターシャフトの中にコンクリートを流し込んだことがある。

これはしならないので最高だが、すぐに中でコンクリートが折れるらしい。パットしたから折れるのではなく、持ち運びで折れる。鉄筋を入れても同じことだろう。ガラスは硬いのだが、それでもしなりがあるし折れやすい。

しならない硬い材料というのは案外ないものなのだ。だから一番簡単なのは太いものを使うことで、直径が3センチ以上だとほとんどしなりを感じないシャフトが実現する。

« 0485  パット神経は案外無神経なものではないのか、という話 | トップページ | 0487 パターとボールの選び方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0485  パット神経は案外無神経なものではないのか、という話 | トップページ | 0487 パターとボールの選び方 »