« 0534  同じ力で打っていいパターはないか | トップページ | 0536  パターのロフトを調整せよ »

ウェッジ型パターを作って最初に気付いたのはインパクトの際にボールが後ろから押される感じが強いことだった。普通のパターと違ってロフトの分だけウェイトが、と言うかお尻が上に撥ね上がっているからか、自分で動かしているパターなのに後ろから押される感じがする。
お寺の鐘燈にぶら下げられた鐘は丸太でゴーンとやるが、引っ張る綱は丸太の先端に取り付けてあるので鐘を突くときには後方から押されるような感じになる。それと同じだ。この感覚は普通のパターにはない。予想外に興味深い展開になった。
ゴルフスイングの話の中で私はしばしば前輪駆動車と後輪駆動車の違いを引き合いに出すが、今回はお寺の鐘を突く丸太を考える。丸太を引く綱は丸太の前方に取り付けられているが、もしもその綱が後方にあったらどうなるのか。あるいはどちらが自分の好みか。

これは「アイアンのパター2」で当初考えていたライ角や面と線の問題よりも大きな問題かも知れない。鐘を突くためには丸太を一旦後方へ引っ張る。このときは引っ張る綱が後方にある方がやさしい。

大半の質量が前方にあるからだが、すべからく引っ張る方がブレは少ない。しかし今度はその丸太を鐘の方へ押すとき、それはもちろん押すと言うより実際は引っ張るのだが、このときは綱が後方にあるよりも前方にある方がやさしい。

つまり鐘突き用の丸太は後ろへ引くときは慎重でなければならないように作られている。その代わりに突くのは楽だ。逆にもしも丸太の後方に綱が取り付けられていると、鐘を突くとき引っ張るというよりも押す感じが強くなる。質量の大きなものを後ろから押すのだから真っ直ぐ押せるかどうか、これが鐘突きの丸太がゴルファーに教えるところである。

普通のパターは前方に引っ張る綱がある鐘突き丸太と同じように作られている。だから真っ直ぐ打ち出すのは楽なはずだ。ウェッジ型パターもシャフトが差し込まれている位置はパターと変わらないが、重心の関係で引くにも押すにもバランスを取らねばならない。

パターを真っ直ぐ引くことは非常に重要で、仮にフォワードスイングで力を使わないなら、パターは引くだけの動作で全てが決まる。振り子の要領でパットをするなら真っ直ぐ引くだけのパワーを、引くときにだけ使えばいいことになる。つまり、引くことが決定的に重要なことであり、そうすると後方に綱のある丸太型バランスのパターが有利になる。

前向きパットでは勝負ははっきりしている。パターを引くだけで、フォワードスイングでパワーオフする打ち方ならば真っ直ぐに引きやすいウェッジ型がいいし、フォワードスイングをパワーオンで打つならば普通の鐘突き丸太のような前方に綱のある普通のパターがいい。

そして横向きパットの場合はヘッドのトルクが利いてくるためにフェイスの向きが変わるのでどちらがいいか、考え方はいろいろある。微妙にコントロールしながら打つタイプにはウェッジ型パターの方が繊細に打てる。すっと引いてすっと打ちたいタイプには普通のパターがいい。
引っ張る方が安定感がある。バックスイングを引っ張るかフォワードスイングで引っ張るか、引く時を大事にするか打つ時を大事に考えるか、どちらがいいかという話である。そしてまた限りなく静止している方が集中できるか、動きのある中にいてこそ感度が高まるタイプか、という話である。

« 0534  同じ力で打っていいパターはないか | トップページ | 0536  パターのロフトを調整せよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0534  同じ力で打っていいパターはないか | トップページ | 0536  パターのロフトを調整せよ »