« 0491  パットで体が動くとなぜ悪いのか  | トップページ | 0493  パットの視野と利き目 »

新しいパターを作ろうと中古クラブ屋で数本のパターを買ってきた。前向きパット用にライ角を立て、使い始めて気付いたのだが、そのうちの一本はボールが飛ばない。今までのパターと同じように打つと初速がかなり遅い。なぜだろうかとヘッドを調べたらフェイスが金属ではない。

金属よりも柔らかい樹脂のようなものがフェイスになっていて、しかも触ってみるとざらざらする。ヤスリの表面のような凹凸があるのだ。市販品だからルール違反ではないだろうが、常識的にはパターフェイスは滑らかで硬くなければならない。

パットは如何に長い時間ボールを押せるかどうかにかかっている。それにはボールは柔らかいほどいい。まさかパターフェイスを柔らかくしていいとは思いもつかなかったが、最近のゴルフクラブの進歩を考えると、ルールも単に「硬い」とか「滑らか」では済まされない状況になってきている。

そういう状況だから、きっとルールにも科学的な方法で硬さなどを規定する手段が出来ているのだろう。このパターは金属のフェイスでたたいた場合に比べると転がらないが、何よりボールをパターフェイスが保持できる時間が普通のパターより長い。

よくも考えつくもんだと感心する。理想のパターはまずシャフトを柔らかく作り、フェイスも柔らかく作り、最後にボールもその表面が出来るだけ柔らかい方がいい、とも言える。そして前向きパットなら理想的だ。

グリーン上で使うボールとショットで使うボールを使い分けることは出来ないから、パター重視のゴルファーはショットの不利を我慢してでもルールぎりぎりまで柔らかく作ったゴルフボールを探すべきだろう。こんなパターがあるのだから、ボールだってあるのではないかしらん。筆者

« 0491  パットで体が動くとなぜ悪いのか  | トップページ | 0493  パットの視野と利き目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0491  パットで体が動くとなぜ悪いのか  | トップページ | 0493  パットの視野と利き目 »