« 0483  フライングエルボの秘密(ババ・ワトソンのスイング) | トップページ | 0485  パット神経は案外無神経なものではないのか、という話 »

すでにどこかできっと書いていることだが、人差し指は棒を振り回すスポーツにとって言わば天敵と言えるほどの悪さをする。テニスでもゴルフでも、スイングの精度を狂わす元凶の一番手は決まって人差し指である。

普段通りにゴルフクラブを構えたあとに、もう一度力を入れてぎゅっと握り直してみるとクラブヘッドは微妙に動くが、それは常に上へ移動する。ぎゅっと握ったらヘッドが下がったという人はいない。それは人差し指のいたずらである。ラケットでもゴルフクラブでも、シャフトは親指と人差し指の間にあるが、それを人差し指と中指の間に通せばヘッドは微動だにしない。

しかしそれだと力が入らないので、私たちはそういう握り方をしない。ハンドダウンは間尺に合わないのは分かり切っていて、スイングしたらヘッドの遠心力に引っ張られて腕とシャフトは真っ直ぐになる。そうするとハンドダウンで構えたアドレスとは違った恰好でボールを打つことになる。

これは明らかに間尺に合わないのだが、それでもボールは上手に打ててしまうし、それどころかハンドダウンは飛距離的にもコントロール的にも非常にうまいこと行くのである。シャンクと親しい私は昔から知っているが、ハンドダウンはボールを真芯で打ちやすい。

アドレスを正確に再現しないスイングがヘッドだけはボールをジャストミートするという変な話は、しかし事実だ。理論派の私はこれが嫌で戦ってきたが、どうも私の知らない何かが人間の脳細胞にはあって、この事実が理論にならないらしい。

ハンドダウンはクラブフェイスの根元近くでボールを打ってしまう傾向があるゴルファーには特に便利で、それには理屈がある。ハンドダウンの構えからボールを打つとき、腕とシャフトは伸びるが、そのとき手首の位置はアドレスよりも上がってくる。だから伸びてもダフらない。

ヘッドは手前に引っ張られて来るので予定よりも体に近いところを通る。それではフェイスの先にボールが当たるはずだが、真芯に当たる。うーん。

« 0483  フライングエルボの秘密(ババ・ワトソンのスイング) | トップページ | 0485  パット神経は案外無神経なものではないのか、という話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0483  フライングエルボの秘密(ババ・ワトソンのスイング) | トップページ | 0485  パット神経は案外無神経なものではないのか、という話 »