« 0461  この頃のシャンクの治し方 | トップページ | 0463 シャンク、もう一つの見方 »

不思議なことがある。ボールをフェイスの真ん中で打てないとき、たとえば私ならシャンク気味の時、アドレスでグリップしている両手の位置を見る。見るといっても焦点を合わせてしっかり見るのではなく、視野の中で、その場所を確認する。

ダウンスイングを始めてインパクトに近づいたとき、手の位置を、アドレスで見ていた位置に合わせる努力をする。そうするとシャンクはとまる。シャンクは基本的に体全体が前に移動して起こる。

従って手の位置をアドレスの時と同じ場所へ合わせてシャンクが出ないということは、手の位置という座標が、空間的に決まっているということになる。しかしそれは妙だ。私たちはその手の位置を、何かで記憶しているわけだが、空間には体と地面とゴルフクラブとボールしかない。

つまり、アドレスで構えたときの手の位置は、そういう見えているものから決められるだろう。体が水平にスライドして、それに気付かないからシャンクが起こるとすれば、手の位置の座標も、当然体と共にスライドしてしまうだろう。

ところがこの方法でシャンクはとまる。シャンクだけでなく、当たりが悪くなったゴルファーがフェイスの真芯でボールを捕らえるために有効な手段だと思われる。この方法の利点は、シャンカーがいつも悩むように、「ここを打てば真芯に当たるのに」という仮想の的を用意しなくて済むところだ。

仮想の的は一時的に有効だが、いつシャンクがとまるかわからないから、とまってしまえば空振りになることさえある。だからシャンカーは余程のことがない限り、この方法は採らない。

アドレスでの手の位置をトレースする方法は、そういう意味で一応理にかなっているから使える。ただ、どうして絶対座標が存在するのか、それがわからない。シャンクがひどい時には、この方法でインパクトの時に手の位置を合わせようとすると、非常に窮屈になることがある。

両腕が体に喰い込むかと思うほど、体の近くを通さなければならない。そんな窮屈な構えはしていなかったのにと思うが、ボールはきちんと打てる。それだけ体が前にスライドしていたのだと、そう思えるほどの量だ。

しかしそれにしても、自分が認識できない体のスライド分を、何でアドレスでの手の位置が、正しく覚えていてくれるのだろうか。納得がいかない話だから、不思議なのだ。 筆者

« 0461  この頃のシャンクの治し方 | トップページ | 0463 シャンク、もう一つの見方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0461  この頃のシャンクの治し方 | トップページ | 0463 シャンク、もう一つの見方 »