« 0399 パー3のグリーンにご注意 | トップページ | 0397 ダスティン・ジョンソン、ローリー・サバァティーニ、ザック・ジョンソン »

0398 熊手型の進化
私は熊手型の伊沢プロが予想外にロングヒッターな理由がわからなかったので、ずっと考えていた。また私はテレヴィを見たりパソコンに向かったりしているとき、大抵ゴルフクラブかクリケットバットを握っている。

クリケットバットはゴルフトーナメントで「お静かに」と書かれたボードに似た形をしている。短冊状の縦長の板に柄が付いている。クリケットは野球の先祖だから思い切りボールを打つときは野球のバットと同じように振る。バットが板状だから「面」がある。その面はバットを肩に担いだとき、ピッチャー方向を向いている。

不思議だと思わないか。
野球のバットは円筒なので気付かないが、肩に担いで構えたときとインパクトで、バットは同じ方向を向いている。ところが普通のほうき型ゴルフスイングではそうなっていない。

クリケットバットをクラブ代わりにしてスイングすると「面」はアドレスでは目標を向いているが、バックスイングを始めてから90度、ちょうどシャフトが水平になったところで「面」は目標から90度右、体の正面方向を向く。

つまり、バックスイングを始めると「面」は開いていって、ティーグラウンドならその「面」はホール番号とヤーデージ表示の標識板へ向いているわけだ。その先トップまでバックスイングを続けても「面」の方向は変わらない。

「面」はずっと体の正面方向を向いたままだ。そこからダウンスイングに入って、「面」はだんだんと閉じてくる。そしてインパクトで目標方向を向く。

話を簡単にするため、ゴルフスイングも野球のようにトップオブスイングからスタートするとしよう。バットを肩に担いだ場合、打球面は目標を向き、ゴルフクラブでは右方向90度を向いている。

ゴルフのトップはバッティングより深いが、仮にバッティングと同じ位置でクラブをとめたとしても、クラブフェイスは目標へ向かないで正面を向く。同じようなスイングだと思っていたのに、この違いはどこから来るのか。不思議だと思わないか。

野球は知らないが、野球のバッティングをゴルフスイング方式でやるとホームランは打てないだろうと思う。だから野球選手はそういう打ち方は練習しないはずだ。

硬球と、軟球やソフトボールではたぶん打ち方が違ってくる、はずだが、それはボールの反発の仕方によっているので詳しいことはわからない。少なくともプロ野球や甲子園で使う硬いボールを打つ場合、ゴルフ流では話にならない。

バッティングでは、構えたときに目標に向いているバットの「面」が、そのままずっと目標を向いたまま、インパクトを迎える。これは事実ではない。事実ではないが、時間的に見ると、ほとんど事実である。

スクイズをするとき、肩に担がれたバットの「面」はピッチャーに向いていて、それが次の瞬間サッとバントの構えになるが、この場合「面」は本当にピッチャーを向いたままスクイズまで行く。

バッティングの時は、超スローカメラで見れば「面」はゴルフスイングと全く同じように、一旦上を向いてから戻る。ただ、その時間が非常に短い。ほとんど一瞬である。手首が強くないと出来ない芸当だ。

張本さんと近藤和さんだけが、バットの「面」を上に向けて構え、ゴルフスイングのように振っていた。この打法で長距離打は出ない。野球の選手は子供の頃からこの一瞬の手首の芸当に習熟する。それができた人がホームランを打つ。

プロ野球選手がゴルフをすると化け物のように飛ぶが、滅多に真っ直ぐには飛ばない。彼らのスイングがゴルフスイングではないからだ。バッターよりピッチャー出身者の方がゴルフはうまいことになっている。王さんはゴルフもうまいが、元々ピッチャーである。しかも右でゴルフをする。

それは野球のバッティングとしてのスイングより、制球の方に重きを置いたスイングをするからだろう。そのスイングはいわゆるほうき型のゴルフスイングに違いない。

熊手型は理想的に行けば野球のバッティングと同じトップに収まる。野球の選手はバッターボックスでホームベイスをトントンとたたく。バットの先でたたくのだが、そこからバットを肩に担ぐ。

熊手型はそれと全く同じ動作をする。したがってもしもゴルファーの手首が強靱なら、熊手型はそのまま野球のバッティングを再現出来る可能性がある。まるで「面」がずっと目標を向いているかのような、そんなスイングが出来る。

熊手型は飛ばないシステムと思っていたが、場合によっては、最も飛ぶスイングに化ける可能性が出てきた。伊沢プロは、それで飛ばしているのかも知れない。もしそうなら、その手首の強さは化け物クラスだろう。 筆者

« 0399 パー3のグリーンにご注意 | トップページ | 0397 ダスティン・ジョンソン、ローリー・サバァティーニ、ザック・ジョンソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0399 パー3のグリーンにご注意 | トップページ | 0397 ダスティン・ジョンソン、ローリー・サバァティーニ、ザック・ジョンソン »