« 0273 信仰としてのゴルフスイング | トップページ | 0275 ライ角47度46インチのクリーク(ベタソールクラブの実験) »

フォーワドプレスしたとき手首の形を変えなければフェイスは自然に開く。フェイスを開かないでフォーワドプレスするにはグリップの形状を変えなければならない。それはアドレスの時のセッティングを変えることと同じだ。フォワードプレスの量が変わればグリップの変化量も変わる。それって変ではないか。


フォーワドプレスをスイングに含め、もうスイングに入ったと考えればフェイスが開くのは当たり前で問題はない。しかしフェイスの向きを変えずにフォワードプレスするタイプではアドレスが二つ存在してしまう。スイングはフェイスを開いて閉じる過程だから、フォワードプレスでフェイスが開かないならそれはまだスイングに入っていない。


アドレスとフォワードプレスの終了時点で手首の形が変わるのに、フェイスの向きは左右方向へは同じままで開かない。つまりどちらもまだアドレスということになって、どちらの手首が本当のセッティングなのかアドレスなのか、わからない。


ウェッジのような短いクラブではどちらのタイプで打っているのか気にならないが、気にしなければいけない。長くなったとき違うスイングをしてしまう危険性があるからだ。フェイスを開くタイプは問題ないが、開かないタイプではスイングの一貫性が失われるかも知れない。


 
Y型スイングを別にすれば、クラブを構えると誰でも手の位置はボールの位置よりも目標方向に近くなる。左腕がおへそから出ていない限り皆そうなる。ボールを左足小指の先にセットしない限りストレイトフェイスのウッドは使えない。しかしそれは少し打ちにくい。アイアンはストレイトフェイスだがストレイトに使うゴルファーはいない。


フォーワドプレスはスイングの始動としての動きだが、元々クラブを構えたアドレスのときすでにある程度のフォーワドは出来上がっている。体の正面にあるボールに対してアイアンを構えればクラブは言わばシャットになっている。


この場合のシャットというのはロフトが少なくなっているという意味で、フェイスの向きが左へ向いているという意味ではない。(シャットというのは伏せるわけで左向きにはならない。オープンの反対はクローズであってシャットではない。)


ウッドには広いソールがあって文鎮のように地面に落ち着くので自動的にシャットに構えるよう作られる。これをホック度という。一般にはプログレスと言うらしいが、つまりはフォーワドプレス前のフォーワド度のことだ。最近私は全てのフェアウェイウッドをストレイトフェイスに改造した。


フォーワド度1から2程度で市販では滅多にお目にかかれないくらいのストレイトだと思う。今度プレーする予定になったゴルフ場は右利きで、スライスすれば楽だがホックやドローでは非常にプレーしにくい。私はウッドは必ずドローする。それで改造に踏み切った。


それで気付いたのだが、ストレイトフェイスのウッドでフォーワドプレスをするとホックフェイスの時よりも明らかにフェイスが開くのが見える。だから短いクラブというかシャットフェイスに構えていると自分のフォーワドプレスの形式が見えにくい。


どのアイアンでも同じスイングイメージで打ちたいと思うなら、自分のスタイルを自分が知っていなければならない。シャフトが長くなるうちにフォーワドプレスのイメージが変わっていったら自信を持って打てない。たかがゴルフスイング、されどゴルフスイング。 筆者

« 0273 信仰としてのゴルフスイング | トップページ | 0275 ライ角47度46インチのクリーク(ベタソールクラブの実験) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0273 信仰としてのゴルフスイング | トップページ | 0275 ライ角47度46インチのクリーク(ベタソールクラブの実験) »