« 0465 クラブヘッドの重さ | トップページ | 0467 ベイスボールグリップ »

私はギンギンのシャンカーだった。今でもシャンカーだと思っている。しかしいろいろな方法でほとんどシャンクを出さないラウンドをしている。その方法は沢山書いているので、そちらを読んでいただければいい。

部屋で椅子に腰掛けながら、いつものようにアイアンを手にしていた。座ったまま、アドレスの構えをする。そこから30センチほどバックスイングする。いつものことだ。ふと、バックスイングの始動の時にヘッドが外側に動くような気がした。

以前にも、壁際にアドレスしてバックスイングを取ると、ヘッドの先が壁をこすっているのには気付いていた。シャンカーはバックスイングでヘッドを外へ、正しくは地面に引かれた真っ直ぐな飛球線の延長線に向かってヘッドを引いてしまう傾向があるようだ。

そこで、アドレスをしたときに、ボールの右側30センチほどの場所に、バックスイングを通す目印をイメージすることを考えた。その位置は30センチのバックスイングで飛球線より約6センチほど内側に取る。

バックスイングするとき、ヘッドが必ずそこを通るようにクラブを引く。こうすると当然バックスイングでヘッドが外側に引かれることはなくなる。シャンクの原因は様々だから、これでシャンクがとまるとは思わないが、ギンギンのシャンカーである私のクセは、たぶん多くのシャンカーのクセでもあるだろう。

 
内側へ引けば、と言うより、それが円周から見れば正しいトレースなのだが、そういう引き方をすればシャンクが出にくくなる、かも知れない。筆者

短いクラブは上からのぞき込むようにボールを見る。そうすると飛球ラインに添ってヘッドを右へ持っていく気分が出る。ところが飛球ラインと円周はボールのところだけで接しているわけで、ちょっとでもバックスイングを始めれば、ヘッドは飛球ラインと離れて円周上を動かねばならない。

上から見れば見るほど円周と飛球ラインは近づき、重なっているように見える。だからつい飛球ラインの上をトレースしようとする。長いクラブでシャンクが出にくいのは、シャフトが長くなればボールが体から遠ざかるので、そういう錯覚が起きにくいからだ。

無限の長さのシャフトを考えると、もはや飛球ラインと円周は完全に重なっている。ただ、バックスイングするとヘッドは飛球ラインのある場所よりも先には届かないことに気付くだけだ。これだとシャンクするようなバックスイングは起きない。

クラブヘッドが飛球ラインの上の重なるようにトレースしようとすれば、まず左肩が不当な量、前方に出る。肩が落ちると言ってもいい。同時に足の裏にかかる体重の位置がアドレス時と変わって、指の方へ近づく。これがシャンクの根本的な原因だが、左腕が必要以上に前に出るだけでもシャンクの確率は高くなる。

補2
アップライトなスイングはそれが横振りでも縦振りでも、シャンクを起こしにくい。一番シャンクが出やすいスイングは縦振りのフラットスイングで、私のがそうだ。パットはフラットスイングの縦振りが多いから、本来シャンクしやすいのだが、スイングと言うほどの速度がないからシャンクにならないだけだ。

杉原輝男プロやニクラウスはパットの名手だが、彼らは典型的なフラットの縦振りである。ところが、パットだけが馬鹿にうまいプロ達の中にはアップライトスイングでパットする人が意外に多い。

ジャスティン・レナードやブラッド・ファクソンはアップライトの縦振りでパットをしている。これがなぜ見事なパットにつながるのかはまだわからない。ちなみに、アップライトの横振りというのは、体を背中の方へ倒して、仰向けになってスイングするのだから、これは言葉だけあって実体はない。

« 0465 クラブヘッドの重さ | トップページ | 0467 ベイスボールグリップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0465 クラブヘッドの重さ | トップページ | 0467 ベイスボールグリップ »