« 0320 続コロンブスの卵 | トップページ | 0320 続コロンブスの卵 »

壁のこちら側に立っていて、向こう側から壁に釘(くぎ)は打てない。パターのようにアップライトなスイングではアウトサイドインにボールを打つのは簡単だが、ドライヴァーのような長いクラブでアウトサイドインに打つことは可能だろうか。アウトサイドインとは何か。知らないゴルファーが多過ぎる。

部屋の壁際にゴルフボールを置いてドライヴァーを構える。ボールを打つ目標方向は壁という面を左へずっと伸ばした方向である。壁に正対しスクエアに構えてドライヴァーを振るとすれば、ドライヴァーのヘッドが壁の向こう側から飛び出してきてボールを打つのが普通のアウトサイドインである。そんなことが簡単に出来ますか。

横振りの程度が小さくなれば不可能ではないが、それにしてもかなり難しい。よほど不自然な恰好をしなければ出来ないし、ボールを思い切り打とうという状況ではほぼ不可能に近い。

同様に100パーセントの横振りではインサイドアウトもない。体が泳いで前に出ていかなければドライヴァーのヘッドで壁をたたくことは不可能だから当然インサイドアウトにボールは打てない。

ボールを目標の左方向へ飛ばすことは誰でも出来るが、それをアウトサイドインのスイングだと思うか?パットのような低速なスイングを除けばボールは常にスイングした方向へ飛び出す。つまりスイングの方向とボールの飛び出す方向は一致する。だからスイングは常にスクエアである。

左に飛んだ、と言うのは目標方向に対しての表現である。飽くまでボールが飛び出す方向はスイング方向に対してスクエアである。

ゴルファーがどんなスイングをしようとも、どの方向にボールが飛び出そうとも、何があろうと全てのスイングは永遠にスクエアであり、ボールはスイングした通りの方向に飛び出している。

ただちょっとスイングの方向が違うだけだ。それで林に入る。ただちょっとフェイスの向きがスイングの向きに対して直角になっていないだけだ。それでグィーンと曲がって池に入る。ただそれだけの話なのです。筆者

« 0320 続コロンブスの卵 | トップページ | 0320 続コロンブスの卵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0320 続コロンブスの卵 | トップページ | 0320 続コロンブスの卵 »