« 0478  めちゃくちゃなライ角と付き合うゴルファーの腕 | トップページ | 0480  日本人ゴルファーの「変」 »

昔のプロゴルファーはボールをつぶして打ったので弾道が低かった。ロングアイアンなどは100ヤード先まで目の高さで飛んだ。プロの打球はそのあとグーンと上昇するがアマチュアのはそのまま落ちて転がった。

私のロングアイアンもライフル銃の弾丸のように水平に飛び、右にも左にも曲がらないでそのうち見えなくなる。背景が空にならないでフェアウェイだから余計に見にくい。世のゴルファーはロングアイアンを勘違いしている。ボールが上がるとか上がらないとか、それで打てたとか打てないとか判断する。

ボールが200ヤード先にとまっていれば半分飛んで半分転がっても、あるいはほとんど転がってもナイスショットである。高く上がると落ちたところでとまってしまう。だからわざわざロングアイアンを使うのに、低く飛んでどこが悪い?

それどころかロングアイアンは上がってはいけない。低く飛んで行くのが正しい。トップしたようなボールこそがロングアイアンのショットである。要は必要なところまで転がっていったかどうか、その一点だけが問題で、それはコロガシと同じ感覚である。 筆者

« 0478  めちゃくちゃなライ角と付き合うゴルファーの腕 | トップページ | 0480  日本人ゴルファーの「変」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0478  めちゃくちゃなライ角と付き合うゴルファーの腕 | トップページ | 0480  日本人ゴルファーの「変」 »