« 0460 シャンク体質の改善 | トップページ | 0462 あるスイングの座標 »

素振りでシャンクが出るたびに治療するわけだが、新しい方法を探す楽しみがある。シャンクの原因はわかっているから深刻な悩みはもうないのだが、シャンクしないスイングで、しかも元のスイングとそう大きな違いがないスイングを探す。

一般的に、伸び上がるスイングにシャンクはない。伸び上がるようなスイングでもシャンクする場合は、体が相当前(ボールの方向)にスライドしているので、打った直後にアドレスの位置で立っていられなくなり、右足が前に出る。

今日のシャンクはこの理屈を使ってやや伸び上がるスイングを試したが、伸び上がるためにはバックスイングで意識的に少し沈まないとうまくないと思ったので、バックスイングで体が1ミリたりとも上に持ち上がらないような努力をしてみた。

こうするとダウンスイングでダフリそうな気がするから気持ちからだが伸び上がる。これでシャンクはとまった。わざと伸び上がるとフェイスのセンターよりも先に当たる。一応理屈通りに事は運んでいるようだ。

このスイングがシャンクを出さないスイングというわけではない。現場での素振りで、ヘッドの通り道がセンターを外しているのに気付いた場合、シャンク側ならこのスイングを使えばいいというだけの話だ。

体の調子が変化すれば同じ気分で振っても同じところを打てない。根本的には体を鍛え、変動のない体力を作るしかないが、それでも変動は完全にはなくならない。足場やライが変化しても同じことが起こる。だからショットの直前で素振りをして確かめ、適当な処理を施したスイングを使う。

次回クレンザーがシャンクを示したら、どんな新しい手が使えるだろうか。そうして考え続けるうちに、いつしかシャンクが出ないスイングに行き着くのだろう。シャンクが出ないスイングというのは、どういうスイングと言葉で言えるものではない。

実際にそういうスイングを見せられるものでもない。経験の積み重ねが、無意識のうちに、そのときそのとき、その場でシャンクしないスイングを選択する。昔「シャンク、この摩訶不思議なミスショット」というタイトルを書いたその冒頭で、私はシャンクの本質を書いた、と思う。

残念ながらその原稿は今のところまだ見つかっていない。あれから長い年月が過ぎて、シャンクの不思議さがわかってきた。シャンクを治すというのは、目に見える治療ではない。目に見えない、心の進化なのだ。しかもその道のりは遠い。 筆者
この方法が誰にでも使えるわけはない。シャンク初心者は伸び上がった分を補うために無意識に手を伸ばすだろう。シャンクはあくまで錯覚だから、錯覚が治せなければどうにもならない。

« 0460 シャンク体質の改善 | トップページ | 0462 あるスイングの座標 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0460 シャンク体質の改善 | トップページ | 0462 あるスイングの座標 »