« 0601 両面パターの制作 | トップページ | 0607 スイッチパターのその後 »

スイングに特別ドライヴァー用があると、そういうことを言うプロはいないが、ある。あるのが当然だと思う。何しろティーアップして打てるわけで、その高さも自由に選べからアッパーブロウに打つことさえ可能だ。

そうなるとドライヴァーでしか出来ないスイングがいろいろと発生する。フェアウェイの芝丈が高ければティーアップしたのと変わらないが、高いティーアップであれば、アイアンを地面へ打ち込む数倍も打ち込むことだって出来る。意味があるかどうかはわからないが。

ドライヴァーの最も一般的なスイングはアイアンと同じ自然なスイングである。そのスイングではクラブヘッドが自然に開いて行く。アドレスからスイングを始めて、シャフトが地面に対して水平になったときに、フェイス面が垂直になる。

ロフトがゼロのドライヴァーならばそうなる。その先バックスイングを続け、シャフトが水平になったときにもまだフェイス面が壁に向き続けるのが言わば標準的なスイングである。

オーヴァースイングにした場合、フェイス面がやや壁に正対せず、やや右方向まで向く場合もある。ホームランバッターの構えるバットがホームベイスに被さるのと同じで、スイングの軌道としては実に不自然だが、そこからスイング出来るだけの非常に強い手首を持っていれば、ボールが打てる。

特別によく飛ぶゴルファーの半分はこの方法を使っている。残りの半分は手首の使い方、いわゆるレイトヒットで飛距離を出している。

自然なスイングはフェイスを開いていって、それを戻してくるスイングなので、インパクトでクラブのフェイスがスクエアになってくれるかどうか、神のみぞ知る、という感じのスイングなので、余程練習しなければ右に飛ぶか左へ飛ぶか、わからない。つまり安心して使えない。
次のスイングはシステム的には方向性の誤差がほとんどない。バックスイングでクラブフェイスを開いていかないイメージのスイングだからだ。フェイスをシャットにしたままバックスイングするという方法は、実際には本当にシャットになるわけではない。

しかし気分的には常にどこでボールを打ってもフェイスが目標ラインを外さないという安心感がある。これはとても大切なことだが、そういうスイングは余りメイジャーではない。余程パワーがないと、飛距離で損をするスイングだからだ。

最後の、三番目のスイングは実に巧妙な仕掛けを使っている。このスイングのイメージは遊園地にある昔ながらの絶叫マシンに似ている。ねじれながら回転するマシンだ。

アドレスからバックスイングを始めるときに、自然なスイングの時よりももっと積極的にフェイスを開いていく。シャフトがその軸を中心にして回転する量が大きい。フェイスの向きなどどうなっているのか全く予想がつかないほどシャフトが回転する。
回転するのはシャフトの軸であって、スイングの回転という、当たり前の意味のゴルフスイングで言うところの回転とは違う。フェイスを自然に開いていくスイングを基本と考えれば、無理をしてシャットに上げていくスイングと正反対の方向のスイングである。

この方法もボールを飛ばす効果がある。シャフトのしなりを使って飛ばす方法は腕や肘(ひじ)のしなりも含めて、しなりの中に蓄えたエネルギーを使って飛ばすのだが、ねじれが戻る力もまた飛距離について有効に働く。

野球のバッティングでは肘は伸ばさない。肘を曲げ、そして伸ばして打つ。ホームランバッターはまずひじを伸ばして構え、打つ瞬間に肘を曲げ、そして伸ばして、つまり腕をしなりの一部として使う。もっとも、バットはゴルフクラブのシャフトのようにはしならないので、ほとんど腕のしなりだけが飛距離に貢献する。

体の回転以外の方法、体を移動させることでパワーを生み出す幾つかの方法については書かない。打ったボールの方向性が問題になる次元から、ボールにジャストミートできるかどうかという問題に発展するからだが、使えるものは使った方がいい。

体の移動は飛距離に関して非常に大きな効果がある。それは説明するまでもなく認識でき、理解できることだ。

ドライヴァーの飛距離を決定する最大の要素はゴルファーの筋力に違いない。その次にバランス感覚である。バランス感覚があれば、しなりとねじれを最大限に使ったスイングで安定したドライヴァーショットを打つことが出来る。

今回、3つのドライヴァーショットを書いたのはそこをハッキリさせたかったからだ。その先には体の移動がある。上下左右、どういう方向であれ、体のシフトはパワーを生む。ただ、その前に理解すべきなのが、この3つのドライヴァースイングである。

どこまで取り入れるべきかは自分の現在のスコアと、残りの人生の時間と、そして自分が持っている才能と練習時間との相談である。筆者

« 0601 両面パターの制作 | トップページ | 0607 スイッチパターのその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0601 両面パターの制作 | トップページ | 0607 スイッチパターのその後 »