« 0408 ハザードを考える | トップページ | 0411 私がロングアイアンを使える理由 »

右手と左手を30センチほど離してクラブを握り、軽く素振りをすると右腕は一杯に伸びて引っ張られ、それ以上はクラブを遠くへ行かせないようにしている。そのとき左腕はやや畳まれた格好になっている。

右腕があるからクラブは遠くへ出ていかないのだという感じがする。実際、右の握りの部分に、長さ10センチ程度の、シャフトより太い塩ビのパイプを差し込んでおいて、トロンボーン状態で握って素振りをしてみると、ヘッドはぐっと伸びて遠くを通る、ような感じがする。

これはすごく変な話で、こんなややこしいことがあるとゴルフスイング理論自体がわけのわからないことになって困るので、出来れば知らない方がいいのだが、構えたときに左右の手を30センチ離して握った両手が、インパクトではくっついている。やってみると不気味だ。

つまり右手が構えよりも30センチ動いて左手に寄ってくる。構えのときよりもインパクトのときの方がヘッドは30センチも遠くを動く、わけでもないが、微妙に伸びるのは確かだ。馬鹿馬鹿しい話だが本当だ。

ゴルフでは左腕がスイングをトレースすることになっている。まるでコンパスのように正確なスイングを作る、かのような錯覚に落ちて、シャンクする。子供用のコンパスは二本足で真っ直ぐだが、製図用は膝(ひざ)が付いていて折れ曲げられる。

膝付きならばペン先を紙面に垂直に立てて描けるからだが、子供にはかえって使いにくい。ゴルファーの左右の腕の長さは同じではなく、利き腕の方がやや長いと思うが、大した差ではない。

それにしても、クラブを逆手で握ると左の腕が伸び切ってきついし、右はたるんでいて収まりが悪い。順手だって同じはずだが、あまり気にならない。だから問題が起こる。野球のバットはバットを振ってバットがボールを打つ。

ゴルファーはシャフトを振ってシャフトはボールを打たない。ヘッドが打つ。ついでにヘッドはフェイスという方向を持っている。左腕のリードとか、シャフトの動きとか、そういうことを考えてスイングは作られるが、腕もシャフトもボールは打たない。
ボールを打つのはヘッドだから、ヘッドの動きを考えるべきだが、動きが速すぎて無理だから無視される。無視し続けた結果、シャンクに代表されるような、ヘッドの真ん中でボールを打つことが出来ないという現象が起こる。カーヴやフォークボールじゃあるまいし、ボールはとまっているのに。 

私たちゴルファーは左腕がコンパスのように正確に動いてボールを打っているように思っていたが、右腕のストッパーのような作用が、ボールまで正確な距離感でクラブフェイスをきっちりと届かせていた。何だか拍子抜けする話だ。筆者

« 0408 ハザードを考える | トップページ | 0411 私がロングアイアンを使える理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0408 ハザードを考える | トップページ | 0411 私がロングアイアンを使える理由 »