« 0595 ドライヴァーのティーアップ、そこに誤解がある | トップページ | 0593 シャンク2013晩秋(ドライヴァーの構え方) »

私の基本的な考え方は、180ヤード飛べばパープレーが可能という奴だが、120ヤード飛べばパープレーできる、という考え方も成り立つだろう。8番や9番アイアンで正確に120ヤード打てれば、ボールはベタピンでワンパットのパーになる。

逆に180ヤードで考える場合、第2打の弾道は低くならざるを得ない。転がせる花道があるとか、グリーンの奥行きが深くてしかもピンが奥ならラッキーだが、普通は直接グリーンに乗せたらとまるかどうか微妙だ。

この場合は第三打のコロガシがうまければベタピンのワンパットでパーという計算が成り立つ。多くのゴルファーの頭の中では、120ヤードを正確に打つ練習やコロガシの練習という考え方と、ドライヴァーの飛距離を250ヤードにする練習という考え方が戦い続ける。

いや、実際には戦いさえ起こらないでひたすらドライヴァーを振り回すゴルファーの方が圧倒的に多い。なぜかわからないが、私の心にも戦いは一度も起こらなかった。基本はやはり180ヤードを2回打てば360ヤードになる、ということだ。

これは基本的な考え方であって、実際にティーから180ヤード打つことは滅多にない。滅多にないが、そういうチャンスを楽しみにしながらゴルフをしている。それが私のゴルフを楽にしている。これが基本の意義である。

こういう基本を持ってプレーしていると無理はしない。する気にならない。練習場へ行けないので、コースのフェアウェイが十分広いときに、飛距離の出る打ち方を試してみることはあるが、それも滅多にやらない。普通は230ヤードを真っ直ぐ正確に打つ。

当たりが悪ければ200ヤードしか飛ばないとわかっていて、それでも180以上飛ぶことで十分すぎると思える。だから無理な打ち方にならない。ミスが出ない。基本は役に立つのである。それでコロガシの練習に集中できる。

230飛ぶと残りは130ヤードだが、私のレヴェルではグリーンに乗せるだけの話で、ピンを狙って打てるわけではない。だから130が150でも大差はない。ただ、グリーンの形状やピンの位置によって20ヤードの差が大きな意味を持つことがある。

そういうときのためにウェッジのような高い弾道で140ヤード飛んでとまるショートウッドを作ってある。あくまで無理をして230飛ばそうとは思わない。220でも結構なのだ。

飛距離を望むゴルファーにはそれ自体の危険性以上に、別の沢山の危険が付いて回る。あるコースに大きな谷越えのパー5がある。一見180ヤード打たないと越えそうにないと思えるから非力なゴルファーは力が入る。それでミスショットになる。

ところが双眼距離計で測ってみると、一番短い右側の崖のふちまで145ヤードしかなかった。センターで測っても158ヤード、谷が一番奥まっている左の端で175ヤードだった。打ち下ろしだから実際はもっと短いはずだ。

またあるホールではフェアウェイが直角に曲がっている曲がり際の突き当たりまで200ヤードと表示があるのに、私が打ってもその手前30ヤードまでしか飛ばない。つまり170ヤードしか飛んでいないのだ。

飛ばしたがるゴルファーはミスショットだと思ってそのホールでいつも力が入る。そして右側の崖下へボールを落とす。その繰り返しだ。私は自分の距離を知っているので、170ならばその分風があるか打ち上げだと考える。

フェアウェイはほとんど平坦に見えるが、確かにどちらかと言えばなだらかに打ち上げているように見える。しかしたぶんそれは錯覚で、かなりの打ち上げなのだろう。私のドライヴァーが170ヤードというのは、目に見えるすごい打ち上げのホールと変わらない飛距離である。

つまりほとんど平らに見えるそのホールも、すごい打ち上げなのだ。自分を信じ、事実を信じる。それによってミスを防ぐ。それがゴルフだと思う。 筆者

« 0595 ドライヴァーのティーアップ、そこに誤解がある | トップページ | 0593 シャンク2013晩秋(ドライヴァーの構え方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0595 ドライヴァーのティーアップ、そこに誤解がある | トップページ | 0593 シャンク2013晩秋(ドライヴァーの構え方) »