« 0310 そっと打つことの意義 | トップページ | 0312 スライスグリップの注意 »

スイングは振ってみないとわからない。だから練習する。それでもミスは起こる。もしもゴルフスイングに安全弁があるとすれば、それは以前にも書いた左ヒジのセットアップだろう。これは私のアイデアではない。トラさんの言葉である。

左のヒジを目一杯伸ばして構えてはいけない。クラブをちょっと引っ込めるように、左ヒジを少しだけ折り畳んで曲げる。そうすると自然に手首の形も微妙に変わり、微かにヘッドが垂れ下がって、ハンドアップしたような感じがする。

このセットアップはスイングの形式にかかわらずどのようなスイングにも適用できるスイングの安全弁である。この安全弁を必要としないスイングもあるはずだが、クラブフェイスのド真ん中でボールを打つために、この安全弁が役に立つスイングが全体の80パーセント程度はあると思われる。

この方法がどうしても自分のスイングを壊すような感じがするならやらない方がいいが、それが許容できる範囲内ならばこの安全弁を使用することを勧める。それがあなたのスイングに相当大きな安定感を与えることは私が、いや、寅さんが保証する。 
私はこの方法がなぜ有効なのか、それはまだ調べていない。しかし有効だという事実は知っている。左のヒジを伸ばすと体全体は一つのマシンのように理想的な動きをする、はずだが、バランスを崩せばボールに当たらない。そのバランスの崩れを関知するセンサーが十分に働いていればミスは起こらない。

しかしこれもなぜだかわからないが、微妙なバランスの崩れを関知する、あるいは検知する機構がない場合がある。シャンクがいい例だ。そういうときにこの安全弁は不思議に、実に有効に働く。

ひじが逆に曲がる、いわゆる猿腕が日本人には多い。その猿腕はゴルフスイングをややこしくする。左ひじを突っ張らないというのは猿腕のゴルファーのために考案されたのが元々の由来だと聞いているが、いずれにせよ、ゴルフスイングの安全弁になりうる。筆者

« 0310 そっと打つことの意義 | トップページ | 0312 スライスグリップの注意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0310 そっと打つことの意義 | トップページ | 0312 スライスグリップの注意 »