« 0511 マルニ家具のエレガントなからくりとほうき型スイング | トップページ | 0513 ジェイソン・ワグナーのワッグル »

この話はウッドもアイアンも全部苦手な初心者を対象としていない。170ヤード前後のパー3で4番や5番アイアンを使い、何度もホールインワンを経験しているようなゴルファーなのに、フェアウェイウッドを持ちたがらないゴルファーのための話である。

フェアウェイウッドの下手なシングルなどいるはずもないと思うが、世の中にはプロのようなゴルフスタイルでシングルになっているゴルファーもいる。そういう場合はフェアウェイウッドを使う場面がないからきっと下手だと思うが、長いコースに出かけたときに困るかも知れない。

アヴェレイジゴルファーの私がシングルゴルファーのために書く、というのもまた妙な話だが、そこはまあ、世界一のゴルファーにもコーチがついている、ということで了解していただきたい。

先日、私はそのゴルファーがフェアウェイウッドを持っていないことに気付いた。ラウンドのほとんどをご一緒して10年以上たつのに気付かなかった。残り230ヤードを5番アイアンで打っているのを見たとき、聞いてみると、フェアウェイウッドは打てないのだそうだ。

3番アイアンでも届かないから5番でちょうどいいところへ刻んだらしい。そう言えばフェアウェイウッドを使ったのを見たことはほとんどなかった。上手なゴルファーがなぜ、全くフェアウェイウッドが打てないのかと考える前に、それならなぜアイアンが非常にうまいのかを考えた。

そのスイングはやや個性的なのだが、ヘッド自体のキックを最大限に使うスイングだ。普通ヘッドのキックと言う場合は、シャフトを含めたクラブ全体の中の、ヘッド部分のキックを指すが、それとは話が違う。

その構えは、アイアンフェイスのブレードを30度以上左に向けるところから始まる。フェイスを開いて構える私の逆だが、私はせいぜい12度前後開くだけなのに比べて、そのゴルファーのフェイスは30度もシャットフェイスになっている。

それはヘッドのキック、つまり開いたヘッドが閉じてくる速度を目一杯利用するためだ。アイアンヘッドは先の方が広くなっているから先の方が重い。だからヘッドのトルクは非常に大きい。

私が言うヘッドのキックはヘッド自体のキックのことで、アイアンヘッドを靴にたとえれば、靴のかかとを軸に足の先を左右に回す動きのようなもので、アイアンヘッドは実際にそう動く。その速度が速いほどボールは飛ぶ。

シャフトが頑丈でねじれが少なければこのヘッドキックも小さくなる。シャフトのトルクと言う場合、その数値がたぶん小さいほどねじれが少ない。プロは方向性とパワーを考えてトルクを決めるが、アマチュアのパワーではねじれを利用し、ヘッド自体のトルクを大きくする方が飛ぶ。

ウッドヘッドの形を見ればすぐわかるが、ウッドのヘッドを正面から見ると左右対称だから、アイアンとはえらい違いで、その分トルクがないから軽く振れる。アイアンとウッドでは同じバランスD-0でも振った感じが違うのは、ヘッドのトルクが小さいほど重みを感じないためだ。
アイアンが上手なのにフェアウェイウッドが打てないゴルファーのスイングと、その逆に、長年アイアンヘッドのトルクと戦ってイージー・スワンを作り、あるいはアイアンヘッドの先を切り取ってパターフェイスのような長四角のフェイスを持ったアイアンセットを作ったりしてきた私のスイングとは全く正反対の性質を持っている。

それに気付けば、アイアンと比較して極端にフェアウェイウッドの苦手なゴルファーは、それなりの対処法を幾らでも考えつくはずだ。

もしもアイアンのスイングにこだわるならば、フェアウェイウッドを改造するしかない。私はアイアンヘッドのトルクを有効に使うスイングが極めてトリッキーで、相当の練習量がなければ制御しきれないと思って、ずっと昔から簡単なスイングで打てるアイアンを模索してきた。

逆に、私が嫌ったその難しいスイングを身につけたゴルファーは偉いと思うし、そのスイングをフェアウェイウッドのスイングに通用させない手はないとも思う。だから私同様クラブを、ウッドを改造するしかない。

アイアンと同じトルクのウッドを作ることがまず考えられる。ヘッドの先端におもりを付ければアイアンと同じトルクのウッドが作れる。ただし相当大きな重りになる。アイアンのヘッドは350グラム程度あり、その重さのほとんどがセンターよりも先の方に偏っている。

それと同じトルク配分のウッドヘッドを作るのは大変だ。何しろウッドのヘッドはドライヴァーで200グラム、フェアウェイウッドでも250グラムくらいしかない。私の鉄のヘッドでようやくアイアンと同じ350くらいだ。

フェアウェイウッドの姿形を見て、先端の方がふくれて重くなっているように見えるものほどいい。前にミズノのクラブについての疑問を書いたタイトルがあるが、あれはもしかするとアイアン用のスイングに長じたゴルファー向けに特に作られたフェアウェイウッドの形かも知れない。

それにしても、やはりアイアンヘッドと同じトルクのフェアウェイウッドヘッドを作るにはかなりの工夫が必要で、一番わかりやすいのはアイアンヘッドに発泡スチロールでウッドヘッドのような胴体というか、丸みを作ることだろう。

無論本当に発泡スチロールではソールがすぐ割れてしまって役に立たない。床面積がフェアウェイウッドと同じで壊れない、しかも重さがアイアンヘッドに比べて無視できるほど軽いソールをアイアンに取り付ければ、とりあえずフェアウェイウッドの苦手なゴルファーのためのウッドが出来上がる。

それではアイアンで打つのと変わらないか。少しだけ変わる。ヘッドが地面に刺さらなくなるからミスが減る。その代わりスピンも減る。その代わり飛距離は伸びる。ただ、大事な問題がひとつ。

重さをフェアウェイウッドと同じにするべきか、しなければならないか、すべきでないか、そこだ。たぶんフェアウェイウッドの軽さに合わせるのがいいだろうと思う。そのぶんスイングが軽く速くなって、フェアウェイウッドを使う意味が出てくるのだろう。

アイアンのスイングというのは古典的スイングだから、私のスイングとは違うので調べようがない。私は古典的スイングを知っているが、慣れていないので、本当のことは私にはわからない。 

ただ、アイアンと比べてフェアウェイウッドが極端に苦手ならば、つま先が重く、ネック周辺の軽い、アイアンヘッドと同じ形のウッドを使う手が一番素朴なのは確かだ。それとも、ウッド用のスイングを使う。

アイアン用の古典的なスイングが出来るゴルファーならば、ちょっとした工夫で打ち方が見つかるだろう。

アイアンと同じに振れば、トルクがない分だけヘッドの先が走らないでスライスするのか、それとも逆に、先の方が軽い分、左向きに走ってしまうか、それはスイングの微妙はタイミングでどちらも起こるような気がするが、私のスイングではないから調べられない。

同じ系統のスイングであっても、タイミングの取り方は同じではない。タイミング次第でどちらかが起きている。それを工夫すればフェアウェイウッドもアイアンのスイングで打てる。あるいは打ち込み型のスイングのためにフェアウェイウッドが打てない場合もあるだろう。

その場合にはスイングの性質からボールの位置を計算して、アイアンとは全く違った位置にボールを置けばすぐに打てる、かも知れない。出来ることは沢山あり、さほど時間もかからずうまい方法はきっと見つかる。

気を付けるべきは練習する前に考えることだ。すでに完成しているせっかくのスイングを壊しては何にもならない。理屈を考え、工夫してスイングをイメージし、それからちょっと打ってみよう。うまい手に出会うまで、その繰り返しだ。筆者
ちなみに、私のバックスイングでは左手首をほとんど動かさない。特に手の甲側には決してコックさせない。普通のプロのスイングではコックが入る。左手首がある意味で自然にロールすると、手首は手の甲側に倒れていく。

私がそういう手首の使い方をすると、ボールは打てるが微妙に左右にぶれる。加減が出来ない。だから使わない。アイアンでもウッドでも、左手首はどちらかというと手の平側には曲がるけれど、決して手の甲側には曲げない。

典型的な古典的スイングで最高のアイアンショットを見せたのは後にも先にも安田春雄しかいない。ほとんど芸人というか、芸術的なスイングだった。古典的スイングの権化とでも言うべき、すごいスイングだ。あれはスイングの殿堂に入れなければならないのだが、残念ながら私は映像を持っていない。

プロゴルファーはみな、その古典的スイングを今でも継承している。当然アイアンの上手なアマチュアがそのスイングを使っていない場合はまれで、ほとんどがそういう手首の使い方をしている。

それだけうまいならば、フェアウェイウッドを打つときだけ、バックスイングのトップで左手首を、どちらかと言えば手の平側に折り曲げる気分で、一度だけ打ってみて欲しい。

どうなるかはわからない。ひどいホックしか出ないかも知れないが、たぶん同じボールが続けて出るだろう。大事なのは同じということで、方向はあとから幾らでも調整できる。いつも同じことが起きるスイングを見つけられれば、フェアウェイウッドが使える日は近い。 筆者

« 0511 マルニ家具のエレガントなからくりとほうき型スイング | トップページ | 0513 ジェイソン・ワグナーのワッグル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0511 マルニ家具のエレガントなからくりとほうき型スイング | トップページ | 0513 ジェイソン・ワグナーのワッグル »