« 0437 もう一度、左手首の使い方について | トップページ | 0439 距離の短いコースは飛ばし屋ゴルファーに有利 »

ゴルファーはライ角でクラブを構える。そもそもクラブは放っておけばほとんど垂直にぶら下がるものだから、シャフトを斜めにして構えるだけで体には負荷がかかっている。力のない小さな子供はクラブをそうやって支え切れないはずだ。

クラブは垂れ下がろうとしている。それを力が引き留めている。そこにひとつの平衡が生まれる。これが最初の平衡条件。さらに、寝姿角はクラブが回転する力を持っていることを示している。

回転しないようにグリップ力で押さえ込み、クラブフェイスを目標方向に向ける。グリップの摩擦がゼロなら、誰もクラブフェイスを目標には向けられない。これが第二の平衡条件。

寝姿角はクラブがシャットフェイスになりたがっているのを知らせているが、寝姿角のトルクはシャフトが水平の時最大で、シャフトが垂直の時ゼロに近くなる。つまり横振りと縦振りの度合いによってトルクが変わるわけだ。

つり下げ角はライ角と共同してクラブヘッドを下へ垂れ下げる力として働いている。それに対抗してクラブを支えている力がある。これも小さな平衡条件。もしも、何らかの理由でクラブからこれらの力が消えると、クラブを持ち上げていた力は行き場を失い、シャフトは上に跳ね上がる。

シャンクの原因がそこにある、と、昔は考えていた。今でもシャンクが起きる理由のひとつに違いないと思っている。

ゴルファーはクラブを上手に振る以前に、これらの力と戦っているのだが、気付かない。グリップが滑りやすくなって初めて寝姿角のトルクに気付く。体力がなくなったときに、クラブを支えるのには案外力がいるもんだと、気が付く。

しかしそういう力はいつでも使っている。クラブを振るための力以前に。ボールをジャストミートするには、当然そういう基本的な、目に見えない力が関わってくる。スイングがどうのこうのと考える以前の話だ。

もしもそういう力に変化が起きていれば、同じスイングをしてもジャストミートは出来ないだろう。クラブの歪みが持っている力と、それに対抗するゴルファーの力とが平衡してアドレスが生まれている。

アドレスとは何にもしていない状態ではないのだ。そこから先にスイングがあって、クラブを振る力が認識されるのだが、こちらは認識されている分、気にもされているから、調子が悪ければ気付く。

しかしアドレスをするまでの平衡条件は認識されていない分、その平衡が崩れても気付かれない。そこがやっかいだ。ジャストミートできなくなったとき、スイングが悪いと思い込んで練習したり考えたりするわけだが、スイングのせいとは限らない。 筆者

« 0437 もう一度、左手首の使い方について | トップページ | 0439 距離の短いコースは飛ばし屋ゴルファーに有利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0437 もう一度、左手首の使い方について | トップページ | 0439 距離の短いコースは飛ばし屋ゴルファーに有利 »