« 0497 ヒザの送りでパットを打つ、非常識な話 | トップページ | 0499  頭を動かさないことの本質(パットの場合) »

パッティングではプッシュアウトも引っ掛けも出るが、どうも大事なパットを慎重に打つと引っ掛けの方が多いと思わないか。

私の前向きパットは横向きパットの複雑さがないので、まるでパター研究所のようにいろいろなことを教えてくれるのだが、前向きなのにやはり引っ掛けが出る。慎重に打つと、出る。それで「買ってはいけないパター」を書いた。

パターのどこでボールを打つことが多いか調べたら、案外ブレードに近いところで打っている。ダフリを恐れるためだろうが、そうするとブレードの傾斜が問題になる。真っ直ぐではないブレードでは、ボールが前後どちらかに外れると、手前で打てば引っ掛けになり、先で打てばプッシュアウトになる。

この考えは今も変わらないが、私のパターはブレードが真っ直ぐに作ってある。それでも引っ掛ける。なぜか。それはボールの左に立っているからだと言ったことがあるが、それは正しい。しかし左に立つとどうして引っ掛けるのか、横向きパットならば幾らかわかるが、前向きパットでは説明できなかった。

横向きパットはラインを跨(また)いではいけないルールになっている。ラインを跨げば体も左に立っていないで、真っ直ぐ立っている。これだとどんなに慎重に打っても引っ掛けは出ない。ラインを跨ぐパットと左に立つパットを繰り返しながら、原因を探った。

ラインを跨いでいれば引っ掛けは出ないのだが、パターのロフトが微妙に変わった。シャットになるのだ。つまり突っ込むのである。左に立って突っ込めば、それは前向きであれ横向きであれシャンクと同じ動きになっている。シャンクはウェッジを慎重に打つときに出やすい。

それと同じように、パターを慎重に打つ、大事なショートパットの時引っ掛けるのは、体が前に突っ込むからではないか。そうするとボールはパターの芯よりもネック寄りの、というか、かかと寄りに当たる。


ソールがカーヴしている「買ってはいけないパター」では、もしもシャンク気味に突っ込んだ状態で、しかもフェイスの底の、ブレードの近くで打ったとすればどうなるか。カップの方からその一部始終を眺めると、最後にボールとパターフェイスが離れるのは、ボールの真上ではない。

ホールの方から見れば、パターのフェイスはボールの左側の上の方を最後に押したところでボールから離れる。つまりゴルファーから見れば、ゴルファーはボールの真後ろを押すのではなく、やや右側を押している。それではボールは左に出るだろう。

もう一つ、たとえソールが真っ直ぐで、どこで打っても大丈夫になっていても、ボールをこすっていればボールは真っ直ぐ転がらない。突っ込みながら打つということは、ボールを手前から向こうへこすることになる。



そうするとボールはボーリングの球と同じように、つまり左カーヴするような回転を掛けられる。これで引っかけが出る。引っかけたとき、ボールが斜めに回転するのを見たことはないか。

大事なパットで引っ掛けるのを防ぐには、シャンクを防ぐのと同じ努力が必要になる。大事に打とうとして体が前に倒れるか、あるいはパターヘッドだけが前に押し出されることによって引っ掛けが出るのだ。「前」とはボールを打つ方向ではなく、体が向いている正面方向という意味である。

ごく簡単には、大事なショートパットを打つとき、パターの芯よりも1センチくらい先の方で打つくらいがちょうどいいかも知れない。ただし始めからそこで打とうとしては回転が出る。普通に構えて、そして打つときに先の方へ当てようとすれば、突っ込みによるヘッドの横滑りを相殺できる。

無論これは大事なパットでしばしば引っ掛けが出るゴルファーのための話だ。根本的にはやはり突っ込まない練習が必要である。ショートパットの、特に大事なパットでの引っ掛けはただの偶然なミスではなかった。シャンク同様その原因はわからないが、何が起こっているかははっきりした。

もう一つ思うことがある。引っ掛けとプッシュアウトは同じものだという想いである。同じ原因で、しかし逆の現象が起こる。そういうことは珍しくない。全く同じならば結果も同じだが、微かに違った場合、全く逆の現象が起こることはしばしば経験する。

つまりパターの引っ掛けが出るとき、それはフェイスの向きのせいとは限らない。フェイスは真っ直ぐなのに、内側から外へ向かって擦(こす)るように打てばボールは回転する。それで左に曲がっているのに気付かないで、ただフェイスが左向きになっていると思い込んでいれば、フェイスを開こうとする。

ところが、フェイスを開けば擦(こす)る量は減る。フェイスの向きとヘッドの動く向きとの差が小さくなるからだ。そうなると今度はフェイスの向きが利いてきて、そのままプッシュアウトになる。もしかするとゴルファーはこういうシナリオで引っ掛けとプッシュアウトに悩まされているのではないか。筆者

« 0497 ヒザの送りでパットを打つ、非常識な話 | トップページ | 0499  頭を動かさないことの本質(パットの場合) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0497 ヒザの送りでパットを打つ、非常識な話 | トップページ | 0499  頭を動かさないことの本質(パットの場合) »