« 0542  パッティング時に体重移動を、していますか、いませんか? | トップページ | 0544 パットの時の右ひじについて »

そんな呼び方をするかどうか知らないが、要するに、長尺パターを使うゴルファーが使っている握り方で、右手は普通に握り、左手を逆手で握る。つまりクローグリップと逆になる。無論どちらも右手がヘッドに近い側、左手がグリップエンドに近い側をつかむ。

長尺だとグリップエンドがあごの下あたりに来るので左手で自然に握ればどうしても逆手になる。レレレのおじさんの箒(ほうき)のように。右手は順手の場合もあるしクローグリップと同じ逆手にする場合もある。

逆クローは長尺パター以外に使うゴルファーはまれだが、最大の利点は右手でボールを打ちやすくなることだ。特別な場合を除けば、ゴルファーは普通、自分は右手と左手と大体同じくらいの力の入れ具合でパットをしていると思っている。

ところが実際には左手で打っている。左手で打つと言うより、パットは左手のリードだけで十分なパワーが得られるから、正確な方向性を考えれば自然にそういう傾向が強くなる。しかし「パットは右手、という話」が事実だとすればあまり好ましいことではない。

人にも依るから、自分がどれほど右手を使っていないかちょっと調べてみるといい。それにはどうするかというと、左利きになったつもりでパットのマネをする。まずは野球のバットを左打者になったつもりで握るようにパターを握る。

そうやって握ってから、左利きのゴルファーと同じようにパットをすると、左の手でしっかりボールを打っているのに気付く。右手はほとんど死んでいるだろう。それと全く同じバランスで、左右は逆だが普段のパットを打っていると言うなら、確かに右手で打っているから大丈夫だ。

もしもこのテストをしてみて、自分が右手で打っていないことに気付いたら、逆クローに握り直して打ってみると、右手で打てる。その感じを体験するだけでも、価値はある。ただしあくまでも「パットは右手、という話」に意味があればの話だが。 筆者

« 0542  パッティング時に体重移動を、していますか、いませんか? | トップページ | 0544 パットの時の右ひじについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0542  パッティング時に体重移動を、していますか、いませんか? | トップページ | 0544 パットの時の右ひじについて »