« 0518 伝家の宝刀、バッフィーの謎が解けました | トップページ | 0520 大山鳴動してネズミ二匹の、そのネズミたちの話 »

フラットスイングは言わばモーターのダイレクトドライヴと同じで、腰の回転軸に直(じか)にシャフトが溶接されているようなものだから、実にシンプルなスイングである。日本人の平均身長から考えて、フラットスイングをするゴルファーは長いクラブでは横振りになる。

クラブが短くなるほど縦振りになるが、フラットスイングに変わりはない。アップライトスイングでは、それが縦振りに見えても横振りに見えても、スイングプレーンが地面となす角度が変化した場合のボールの行き先に影響は少ないが、フラットスイングでは大きなミスにつながる。

ドライヴァーショットのブレの原因は無限にあるが、その中で原因が比較的わかりにくいミスに、フラットスイングのプレーンの角度変化がある。ラウンド中にだんだん体が温まってきたとか、逆に後半疲れが出てきたとか、そういう理由でスイングは微妙に変わるのだが、スイングプレーンの角度も変わることがある。

私はフラットスイングだが、ドライヴァーを打つときに、右が怖いときは横振りをし、左が怖いと縦振りをする。ボールを曲げるためにフェイスの向きを変えてセットしておく方法は上級者向きだと、どこかに詳しく書いた。

かといって手首のロールで加減するのは天才向きだから私には無理だ。私はボールにホックもスライスも掛けられないが、絶対にホックしない打ち方と、絶対にスライスしない打ち方だけは知っている。

フラットスイングで横振りをすると、「内輪」に打つ限り、スライスは出ない。一方、意識的に縦振りで躊躇(ちゅうちょ)なく振れば、ホックは出ないことを知っている。つまり、フラットスイングの場合、縦振りと横振りではボールの質が変わる。

私はそれを利用しているわけだが、逆に考えれば、プレーンのライ角が変わったことに気付かないで打てば、ミスショットになるはずだ。このミスは原因がわかりにくいだろうと、そう思った。

アップライトスイングはフラットスイングのように原始的と言うか、素朴なスイングとは違う。フラットは回転運動をそのままダイレクトに使うが、アップライトは複雑で、簡単に言うと、直線的な動きを回転に変えて使う。

そういう事情があるので、フラットスイングでプレーンの傾斜角、プレーンのライ角のようなものが変わった場合、ヘッドのキックポイントが自動的に変わる。特にドライヴァーのように長いクラブでは、スイングプレーンを普段と同じ傾斜角で振ることが肝要だ。

アップライトスイングを使うゴルファーにはそういう心配は無用で、そもそもフラットスイングとは動力伝達の仕掛けが違うから、プレーンの傾斜角の変化はショットの行き先にほとんど影響しない。

ただし、スイング自体が、アップライトとフラットをミックスしたような、場合によって使い分けているようなゴルファーは、フラットで打つときは十分注意した方がいい。縦振りと横振りは外見だけの区別であって、そこに内容はない。

いつも言うことだが、フラットとアップライトは世界の違うスイングだから、自分のスイングがアップライトなのかフラットなのか調べておかないと、不調になったときに対処のしようがなくなって迷路に落ち込む。筆者

« 0518 伝家の宝刀、バッフィーの謎が解けました | トップページ | 0520 大山鳴動してネズミ二匹の、そのネズミたちの話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0518 伝家の宝刀、バッフィーの謎が解けました | トップページ | 0520 大山鳴動してネズミ二匹の、そのネズミたちの話 »