« 0321 気楽にスクエアスイング | トップページ | 0322 左脇を締めるべきか »

「汽車ぽっぽの煙」は風になびいて後方へ流れる。ダウンスイングでゴルフクラブを引っ張り続ければやはりクラブシャフトは煙同様たなびき続け、ボールの上を素通りするはずだ。

なぜクラブヘッドはボールに当たるのだろうか。そういう意味でスライスとの戦いはスイングの本質との戦いでもある。クラブヘッドがボールに当たる理屈はたった一つしかない。汽車はとまる。

模型の汽車はリング状に作られた線路の上をぐるぐると果てしなく走る続け、煙はうしろにたなびき続け、煙は線路と直角になることは永遠にない。しかしクラブヘッドという名の汽車はグリーン上のピンに向かって走っているわけではない。

グリーンへ向かって飛ぶのはクラブヘッドではなくボールだ。ダウンスイングでクラブを握るゴルファーの手は真っ直ぐボールに向かって走る。ピンに向かってではない。腕が伸びないとすれば、もうこれ以上ボールに近づけない位置がいつかやってくる。汽車はとまる。

何かに激突してとまる。その空間には何もないが、腕がそれ以上伸びないところでとまる。ヨーヨーがひもの長さの限界に達したのと同じことだ。

しかしながらそれでもスイングは円運動のように見える。風車(かざぐるま)の羽根を一枚だけ残して取り去ってしまう。残った一枚の羽根の先端におもりを付ける。風車(かざぐるま)の柄を持って指揮者のように振ってみれば、柄はとまっても羽根だけがぐるぐると回り続ける。柄はゴルファーの腕であり、羽根はクラブシャフトである。

円運動すべきなのはクラブであって腕ではない。腕は言わばやむを得ず回っているに過ぎない。ゴルフクラブも「つるはし」もバットも、全て同じことだ。もしもゴルファーがバックスイングで左腕のヒジを目一杯曲げてもいいと言われたら、あるいは人の腕が無数の関節で出来ていたら、スイングは円運動にはならない。

実際野球のバッターはヒジを曲げられるので、彼等のスイングは折り畳んだ腕を真っ直ぐ伸ばす運動に見える。回転するのはバットだけだ。考えようによってはボールに当たる当たらないを無視してただスイングだけ考えると、両ヒジを折り畳んだバックスイングから打ち出す練習の方がスイングの本質がわかりやすい。

ゴルフスイングで左ヒジを伸ばす理由の一つはボールが小さくて当てにくいためである。しかしまずスイングを知り、次に確実にボールに当てることを考えるという手順を踏めるならば、初めからヒジを突っ張らかって振ろうとするのは得策ではない。初心者も、あるいはスイングの本質を忘れかけたシングルも、関節のない腕に立ち返ってスイングしてみるのがいい。

プロ野球選手がゴルフをすれば大抵プロゴルファーより飛ぶ。それを彼等の体力や体格のせいだと思っている人が多いが、それは事実ではない。彼等はスイングを知っている。ボールを飛ばすことに精通している。確実に正確に飛ばすことではプロゴルファーにかなわないが、飛ばすスイングについてはプロゴルファーよりも精通している。

その理由は野球がドラコンに近いスポーツだからだろう。ゴルフではDriver is show, Putt is money. と言うが、野球でホームランをショウとは言わない。もっと大事なものなのだ。

ホームランは重要な得点源であり、その打力が三塁打や二塁打を生み出す。それで彼等は「飛ばす」スイングに精通している。バットを構えるとき、肩に背負ったバットを握る両腕ヒジは畳まれている。

畳んだものが真っ直ぐに伸びていってそれが伸び切ったときバットがボールを打つ。バットは回転するが腕は回転しない。ただ伸びるだけだ。ゴルフスイングはそれではうまく行かないだろうが、飛ばすことを考えるには重要な話だ。

初心者、特に子供は無理にヒジを伸ばして恰好ばかりのスイングをする必要はない。シングルゴルファーも飛距離とコントロールのバランスがちょっと、と思ったときにはヒジを忘れ、関節を忘れて野球のように素振りをしてみたら如何だろうか。筆者

« 0321 気楽にスクエアスイング | トップページ | 0322 左脇を締めるべきか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0321 気楽にスクエアスイング | トップページ | 0322 左脇を締めるべきか »