« 0250 大きめのクラブで軽く打つとなぜスコアが良くなるのか | トップページ | 0252 ゴルフ基礎の基礎(はじめの一歩) »

アイアンとウッドの大きな違いの一つはアイアンのフェイスは平らなのにウッドにはアールが付いていることだ。なぜウッドにアールがあるのか未だにわからないが、大分昔アールのほとんどないスポルディングのウッドを使ったときに、どっちでも変わらないと思った記憶がある。アールがある方が強度は増すはずで、しかしただクラブの強度のためだけにアールが付いているとも思えない。
アイアンで構えるとき、フェイスの向きに神経質だとついブレードの先の方を見つめる習慣が出来てしまう。ネックに近い方では角度がぼんやりし過ぎるから、どうしても一番敏感なつま先の方を見る。そうすれば目標方向に対してクラブフェイスが開いているか閉じているかよく見える、と思うのは本当だろうか。
ウッドのいいところは同じ目的のために必ずしもクラブフェイスの先端だけを見つめないことだ。フェイスが平らでないから何となく全体を見て方向を決める。私は何十年もの間アイアンを15度開いて構えたいと思う衝動と戦い、考え続けてきた。一応の結論はあるが、ふとウッドのアールの先端部分を微分してみたくなった。
つまりこういうことだ。もしもウッドの先端部分の接線が目標方法に対して15度開いていても、ネックの方を見れば同じ15度で閉じている。アイアンとウッドを同じ度合いで使い、同じ数だけボールを打っているとすれば、何かが起こる。マッチ棒を目標に真っ直ぐ向けようとすれば、手前を固定して先端を調節する。アイアンの場合と同じだ。
ところがウッドは先の方とネック寄りとを交互に見ながら何となく方向が決まる。アイアンでも本当はネック側と先端を結んだ線を想定しなければいけないのに、ブレードが直線だから意識はブレードの先端の向きだけに集中する。
クラブフェイスが真っ直ぐ目標を向いていても、そのときウッドのブレードの先の方を見ればかなり開いている。しかしアイアンは開いていない。この差がゴルファーの心理に影響しないだろうか。少なくともアイアンのアドレスでブレードの先端が開いているかどうかと神経質に見つめるゴルファーには問題かも知れない。
私はウッドが好きで、ウッドのアドレスは簡単に決まる。ということはアイアンが好きで、アイアンのアドレスが簡単に決まるゴルファーはウッドを持つとどうしてもシャットに構えたくなる、ということがあるのではないか。これは変な話である。誰も考えたことがない変な話に違いないが、変な人は気になるだろう。 筆者

« 0250 大きめのクラブで軽く打つとなぜスコアが良くなるのか | トップページ | 0252 ゴルフ基礎の基礎(はじめの一歩) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0250 大きめのクラブで軽く打つとなぜスコアが良くなるのか | トップページ | 0252 ゴルフ基礎の基礎(はじめの一歩) »