« 0498  大事なパットを引っかける理由 | トップページ | 0329 右を向くともっと右に飛ぶ謎 »

普通の横向きパットでは頭を動かせばラインが変わる可能性は大きい。だから頭を動かすなと言われる。しかし私の前向きパットではヘッドアップしてもラインは変わらない。だから頭を動かしても構わないのだが、やっぱり動かさない方が入る。

なぜだか考えていたらパットヴェクトルの話を思い出した。頭を動かさないということは、ボールを打った直後に顔を上げないことである。ボールがあったところをじっと見つめる。こういうスタイルでボールを打つ場合、脳味噌は何をしているか。

まず頭で距離感をイメージしている。方向はパターヘッドを見つめている。ボールを打った瞬間にはパターヘッドを見つめながら方向に集中しているけれど、打つ強さにも集中している。

つまりパットで頭を動かすな、という教えは、実は頭を動かさなければラインを外す動きが出ないという物理的な話ばかりではない。むしろ脳味噌の働かせ方にその本質がある。「脳を動かすために、頭を動かすな」というのである。 筆者

« 0498  大事なパットを引っかける理由 | トップページ | 0329 右を向くともっと右に飛ぶ謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0498  大事なパットを引っかける理由 | トップページ | 0329 右を向くともっと右に飛ぶ謎 »