« 0327 ロバート・ガリガスとババ・ワトソンのスイング(或る飛距離の秘策) | トップページ | 0328 手首の追い越しで飛ばすスイング飛ばないスイング »

人工芝を張ったベニヤ板を作り、床との間に本を挟んで傾斜のあるラインを作る。このグリーンはとても速いから本物とは違うけれど、曲がりを考えるには十分だ。
穴に落とすことを考えず、ある目標の点にボールを止めるためには、ラインはたった一つしかない。穴に落とすならばラインは無限にある。そこでまずは点に止めるための計算方法を考える。実際にボールを打つならば点に止める方が難しいが、計算は穴に落とす方が複雑で手間がかかる。
目標点にボールを止める湾曲したラインがわかれば、そのラインの内側に、曲がりを小さくした、しかし打つ強さを徐々に大きくしたパットラインが描ける。打つ強さが限界に達し、それ以上ではカップを飛び越えてしまう範囲がある。
可能なラインを幾つも描いているうちに、それは三日月型、あるいは半月型の模様を描き出すだろう。その弧の部分は目標点に止まるラインそのものであり、弦か弦に近い真っ直ぐな部分は、最も強く打ってカップの奥の壁にぶつかって入る限界の、最も真っ直ぐなラインである。
どちらのラインがいいかはわからない。真っ直ぐに近い方が強く打てるので芝生の小さなでこぼこに影響されないが、はずれたときに返しのパットが長くなる。また下りのラインは三日月が太く、登りのラインは細くなる。登りの方が簡単だと言われる理由は、カップイン可能なライン幅が細くて迷わないからだ
同様にライン幅は芝が重いほど細くなる。速いグリーンより遅い方がいいというゴルファーが多いのも頷ける。入る可能性のあるラインが細くて真っ直ぐに近くなるだけ、そりゃ楽だと思うだろう。
傾斜の上にボールを落とすと、ボールは下に向かって転がる。そして芝との摩擦で何時かどこかで止まる。たとえば30センチ転がったとして、ボールを落としたのと同じ場所から水平方向へパットをすると、ボールは打った力だけ前進する。しかもそれは傾斜のために下に向かって落ちるのだが、30センチ以上落ちる。なぜだろう。
ボールを真っ直ぐ上に、つまり傾斜の上に向かって打つと、ボールは一度昇って降りてくるわけだが、元の場所に止まるとは限らない。ガラスのようなグリーンでは永久に落ちて行くし、たわしのようなグリーンなら上がりきったところでピタリと止まるだろう。
パットを計算機に乗せようとすると、不思議なことに気付く。普通パットはどの位の強さで打つかと考えるが、これは詰まるところ芝の抵抗と戦う量を考えているだけだ。しかし、普通そんな風には考えない。登りのラインを考えるときには、確かに坂道の抵抗、つまり重力を考えるが、平らなラインでは芝の抵抗を考えているわけではない。
打ったボールが止まることは知っている。重いグリーンとか速いグリーンとか、そういうイメージも持っているが、それが芝生の摩擦力、抵抗を考えているというイメージはない。
ボールは本来なら登り坂でない限り、どんな小さな力で打ち出されても永久に転がるわけで、もしも下りならどんどん速くなるはずだ。それに気付くと何だか妙な感じがしてしまう。パターを構えて、ただ芝生の抵抗だけ逆算しているのが計算機である。人間だって実は同じことをしているのに、そんな感じは持たない。
これからはパットをするとき、芝の抵抗がなければボールはどんな小さな力でもカップまで届くのだとまず最初に自分に言い聞かせて、それから今日の芝にはどの位の抵抗力があるかと考え、その力に対抗するための力を出す、という見方でボールを打つようにしよう。そうすれば何となくショートはしないような気がする。芝生は言わば逆噴射だ。

« 0327 ロバート・ガリガスとババ・ワトソンのスイング(或る飛距離の秘策) | トップページ | 0328 手首の追い越しで飛ばすスイング飛ばないスイング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0327 ロバート・ガリガスとババ・ワトソンのスイング(或る飛距離の秘策) | トップページ | 0328 手首の追い越しで飛ばすスイング飛ばないスイング »