« 0411 私がロングアイアンを使える理由 | トップページ | 0413 手前から攻める、アホ 3 »

私はニクラウス派なので、クラブが短くなるにつれてボールの位置を右に寄せていく方法は採っていない。しかしアイアンとウッドでは明らかにボールの位置が違う。やはり長いシャフトが付いているウッドの方が左寄りになる。

つまり厳密に全てのクラブでボールの位置が一定なわけではなく、アイアンとウッドでそれぞれ一定しているということだ。クラブのシャフトが短くなるにつれてボールが右寄りになるのがなぜかはともかく、放っておけば自然とそうなるのは事実だ。

ニクラウスが出てくる以前のゴルフレッスンでは、アイアンがショートアイアンになってくるほどにボールの位置を右足の方へ少しずつ動かすアドレス法はごく一般的なものだった。

今はどうなっているのか知らないが、教える人たちはたぶんまだ決定的な理論を持っていないだろう。どちらでもいいという理論は持っているかも知れない。

だからニクラウス以前はボール位置は動かすもので、その後はボール位置にはあまり触れず、生徒のスイングを見て最適な判断をしているのだと思う。

アイアンはスピンを掛けるためのものだ。アイアンヘッドを右にセットすればするほどボールを急角度に打つことになるから、より多くのスピンがかかる。だからボールを右寄りに動かすことはこの目的については正しい。

ニクラウスはゴルフの歴史を塗り替えるほどパワフルなゴルファーだったので、そういう必要を感じなかった。それはそれでいいが、始めに書いたように、シャフトが短くなってくると、アイアンフェイスは自然に右寄りになってくる。

これはスピンを掛けようとするからではなく、ただ右にセットする方が楽な感じになるからだ。ボールを常に左足かかとの延長線上に置くと、短いクラブになってくるほど体がきつくなる。

私にはまだその理由がわからない。わからないけれど、両手で合掌すれば手は体の真ん中にある。左足かかとの延長線が無限に遠ければ、遠くにボールがある場合、体の真ん中、おへそのあたりでクラブを握っていても構えられる。

しかしボールが左足のそばまで近づくと、手も左足のももあたりに構えなければならなくなる。そういうことなのかも知れない。つまりボールの位置を一定にすると体には無理がくるが、スイングはひとつだという気分が出る。

実際にはそうはいかないのだが、気分的にハッキリしていて迷いが出にくい。一方ボールの位置を動かす方は自然で、体にやさしいし、スピンを掛けたいのであれば当然便利だが、何番はどこという風に話がうるさくなる。

ショットが安定しているときはいいが、ショットにズレが出てくると迷いが生まれ、最初に考え込むのはボールの位置だ。だからアドレスでのボールの位置は動かしたくないというゴルファーが出てくる。 筆者

« 0411 私がロングアイアンを使える理由 | トップページ | 0413 手前から攻める、アホ 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0411 私がロングアイアンを使える理由 | トップページ | 0413 手前から攻める、アホ 3 »