« 0320 続コロンブスの卵 | トップページ | 0323 ストロンググリップと左手親指の照準と飛距離 »

私は左脇を締めてスイングする。スイングの間ずっと左脇は体から離れない、ようなイメージで打つ。それは体の捻転が生み出すパワーをロスしないためだと言われている。そうかも知れないが、私はそんなつもりで左脇を締めているわけではない。

左脇が空(あ)くとその空き具合でショットの方向が変わる。体から離れる度合い1センチに付き方向は数度変わる。締めると左に向いて飛び、ゆるめると右に向いて飛ぶ。だから私にとっては実際左脇を締める必要があるわけではない。

ただいつも同じ度合いに空けておく必要がある。普段真っ直ぐ飛んでいるとき脇が3センチ空いていたとしよう。その3センチが崩れるとボールの行き先が変わるから何時でも3センチでなければならない。どうやって測るのか、それが難しい。

立っているか座っているかははっきりしているが、中腰はその度合いを同じにするのが難しい。それで私は左脇を締めてスイングしている。締めている、という状態ははっきりしている。ただそれだけの話で、スイングについて左脇を締めるべき本質的な理由は、知らない。

しかしボールを同じ方向へ飛ばすためのもっといい方法も、見当たらない。気分よく打てばスイングはきっと同じになっているだろうから、左脇を締めることでわざわざ不自由なスイングをする必要はないから、不自由だと思うならやらない方がいい。

ただもしも、気分よく打ったのに予想外の方向へボールが飛んでしまったら、何らかの方法で左脇の間隔を一定にしなければならない。

左わきの開き具合でシャンクになる場合もある。普段わきを締めているのに、ラウンド中にだんだんゆるむと思わぬシャンクが出る。これは土台が動くシャンクと連動していて、わきの締め具合を元通りにしてもシャンクはとまらない。

わきが開くと土台を前にスライドさせる作用がある。腕が体から離れたところで振られるのだから、当然と言えば当然だ。ラウンド中ずっと同じスイングを続けるのは本当に難しいことだ。 筆者

左脇の締め具合は横振りのスイングではあまり問題を起こさない。締め具合が変わることでボールの行き先が大きく変わるのは縦振りの場合だ。したがってたとえ横振りスイングのゴルファーでも、アイアンはウッドよりシャフトが短いぶん影響が大きい。

短いアイアンほど影響は大きいのだが、飛距離も短くなるのであまり気が付かない。目標と実際のボールの位置との差を単に距離で見るからだろう。比率で見れば、同じ10メートルの誤差でも、100ヤードから打ったものと150ヤードからのものとは断然違う。

これは人間の持っているある種の、非常に危険な錯覚である。スピード違反を何キロオーヴァーという数字で取り締まるのはナンセンスな話だ。自宅の前の道路は30キロ規制になっている。住宅地だし学校や幼稚園が並んでいるからだ。

ところがこの道路を走る車の平均速度は私の見るところ平均50キロで、60キロで走る車も珍しくない。私は後ろに車がいなければ当然規制速度で走る。しかし後続車がいれば35キロで走ることにしているが、それでもクラクションを鳴らされたりパッシングされたり、追い越されたりする。

30キロ道路を60キロで走るということは、今の法律では30キロオーヴァーだが、比率にすれば倍だから、それは80キロ規制の高速道路を160キロで走るのと同じだ。つまり、何キロオーヴァーではなく、何パーセントオーヴァーで規制する方が、速度規制の本来の意味に照らして正しい。

こういう危険な錯覚を是正せずに作られる法律が、サラ金地獄などを起こす原因になっている。ゴルファーもボールの行き先について、比率で考える方がいい場合は少なくない。

« 0320 続コロンブスの卵 | トップページ | 0323 ストロンググリップと左手親指の照準と飛距離 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0320 続コロンブスの卵 | トップページ | 0323 ストロンググリップと左手親指の照準と飛距離 »