« 0231  見返り美人(丸ちゃん万歳) | トップページ | 0234 グリップリッジの話 »

ケニー・ペリーをご存じだろうか。ゴーストバスターズと見間違う顔をしたプロゴルファーだ。彼のスイングはバックスイングが妙にゆっくりで個性的だが、ゆっくりなバックスイングでも左肘(ひじ)をピンと伸ばしているタイプは普通のスイングと同じ原理で動く。

左肘を曲げるとほぼ自動的に左手首も曲がる。生理的と言うよりむしろ心理的に。しかもフェイスが自然にスクエアになる。オープンになりがちなフェイスを無理なグリップでスクエアにする苦痛がない。これはある意味で画期的な状態で、好き嫌いを別にすればゴルフスイングそのものが別の世界へワープする。

どういうスイングが理想的なのか、それは規定できない。なぜならそれを計測するための尺度は誰が世界一のゴルファーなのかにかかっているのに、本人の持つ身体的ポテンシャルとそのスイングの価値とを分離できないからだ。「ブラックホールdeゴルフ」に書いたとおり、理想のスイングを探す旅に人生はあまりに短かすぎる。

アーノルド・パーマーの左肘は明らかに曲がっていた。しかしバックスイングは速い。今思えば彼のスイングは谷口プロと同じ原理で動いていたのかも知れない。左肘を曲げた構えのスイングでもインパクトで肘は伸びる。この明らかな誤差を吸収できる理論はない。しかし実際には難なくボールが打てるし、その軌道は実に確かだ。

プロのレヴェルを含めて考えたとき、左肘を曲げて構えるスイングが持っている効果をどの程度評価すべきか、それはわからないが、アマチュアに限って考えるとかなりうまい話だと思える。

是非一度、アドレスしたあとに、伸ばしている左肘をぐっと曲げて構え直してみたまえ。もしもそこからバックスイングを始められるイメージがあったなら、そっと打ってみて欲しい。そこには今まで知らなかった不思議な世界が待っているだろう。

体に無理のない、実に快適なバックスイングだが、明らかに弓形打法ではない。これは槍(やり)型打法だ。槍型はバックスイングで体の中にエネルギーを貯めるのではなく、ただの助走としてバックスイングする。この点が私の弓形スイングとは違うのだが、バックスイングで体にねじれを作らない分、体はとても楽だ。
 
杉原プロの肘は曲がっていた。昔虎さんの肘も曲がっていた。肘を伸ばしてはいけないと説教するプロも少なくない。しかし大方のゴルファーは肘を伸ばしている。どちらがいいという話ではなく、ただ左肘を曲げてバックスイングするとおもしろいことが起こる、という話だ。筆者

« 0231  見返り美人(丸ちゃん万歳) | トップページ | 0234 グリップリッジの話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0231  見返り美人(丸ちゃん万歳) | トップページ | 0234 グリップリッジの話 »