« 0572 続「パットは右手、という話」 | トップページ | 0574 私のドライヴァーショットが行き先を変える理由 »

0573 スライサーのバンカーショットとホッカーのバンカーショット
フェード打ちのゴルファーは大根切りと言うか、刺身包丁と言うか、外から内へカット気味にボールを打つ。それでバンカーショットも砂を薄くそぎ取るようにカット気味に打つから練習しなくてもバンカーショットは上手だ。
私はコロガシ屋だからバンカーにはほとんど縁はないが、入ったらほとんど砂を取らないバンカーショットをして、練習もしない割に上手に打っていた。それが年々ドローヒッターの雰囲気が強く出てくるにしたがってバンカーが下手になってきている。
ドローヒッターはインサイドからクラブを出していくのでバンカーショットは難しくなる。私の知る限り、典型的なドローヒッターでバンカーがうまかったのはレイモンド・フロイド一人だ。彼のは曲芸に近かった。
ドローヒッターの場合、バンカーはいわゆるエクスプロージョンと言って砂を爆発させて打つしかないので、練習量がないと加減がわからない。エクスプロージョンはボールを打つのではなくその下の砂を爆発させてボールを飛ばす。
フェードヒッターのカット打ちバンカーショットは普通のショットの延長線上にあるので、ある程度の知識が使えるが、エクスプロージョンは爆発の練習を必要とするわけだ。花火の火薬の量によってどれだけ大きな花火になるのか、音の大きさはどうか、それは経験を積まないとわからない。
爆発だからフォローを取らないタイプのゴルファーもいる。フェード型と違ってドロー型のバンカーショットではそれも可能だ。きっと長いバンカーショットになるとフォローを取るのだろう。
練習の必要はあるが、ただひとつ、エクスプロージョンが出来るようになったドローヒッターは15ヤードより長いバンカーショットに有利がある。フェード型は距離が短くて土手の高いバンカーは上手だが、距離のあるバンカーはうまく打てない。
その点ドロー型の場合、バンカーショットはエクスプロージョンしかないので、慣れさえすれば長いのも短いのも上手に打てる。無論、やはり短い方が難しいだろうが。私は意味もないのにロフト70度のウェッジを作って持っているが、エクスプロージョンで短いバンカーショットをするにはそういうウェッジが欲しくなる。
長いバンカーショットと短い場合と、それぞれをエクスプロージョンとカット打ちという、それぞれに有利な打法を使う手もあるが、そういうプロは見たことがない。自分のバンカーショットがどういう打法なのか、あるいはショットのスタイルからどういう打法がいいのか知っていることが大事だ。筆者
バンカーショットではロフトの大きなサンドウェッジを使うが、私は9番やピッチングを使うこともある。よくテレヴィの解説などで、あれは56度のウェッジとか、58度だとか言われることがある。
しかしよく考えて頂きたいことが一つ。ピッチングウェッジのロフトは大体42,3度だから、私は持っていないがAWというのがあって、サンドウェッジとの間だから仮にロフトが45度あったとしよう。(ロフトは垂直を起点としてゼロ度から始まる)
45度なら、ボールを打てば地面に対して45度の角度で飛び出す、だろうか。それは錯覚ではないか。大砲の砲身を45度にして撃てば、そりゃ45度の角度で弾は飛び出す理屈だ。
ところがゴルフボールはクラブフェイスに埋め込まれているわけではないし、火薬で飛び出すわけでもない。すごいスピードでヘッドが走ってきてそのフェイスがボールに当たる。つまり45度になっているフェイスがボールを打つ。
と言うことは、ヘッドの代わりにボールの方が地面をすごいスピードで転がってきてフェイスに当たるのと幾何学的には全く同じことだ。この場合、ボールはどこへ飛ぶかおわかりだろうか。
45の二倍、つまり90度、つまり真上に飛ぶ。力学的には、ボールはフェイス面で少し滑って真上どころか後ろに飛ぶことさえ考えられる。この話は本当ですが、それならウェッジで打ったボールが前に飛ぶのはなぜでしょう。
バンカーにはサンドと決まっているわけではありません。ピッチングウェッジはもちろん、9番でも8番でも、何を使っても構わないということを言いたいばかりに、この奇妙なおまけの話を書いた。

« 0572 続「パットは右手、という話」 | トップページ | 0574 私のドライヴァーショットが行き先を変える理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0572 続「パットは右手、という話」 | トップページ | 0574 私のドライヴァーショットが行き先を変える理由 »