« 0593 シャンク2013晩秋(ドライヴァーの構え方) | トップページ | 0591 空手チョップと張り手、どっちが強いと思いますか? »

素振りをしてみると、まだシャンクが出ていた。クレンザーを使って調べたらかなりのシャンクだった。手元を見る方法でもまだフェイスのセンターまでは戻らなかった。先日やってみた手元をやや前に出す方法は役に立たなかった。

まだシャンクの原因は特定出来ていないので、調べるにはチャンスだ。バックスイングの始動直後に、すでに体が10センチほど前方へスライドしてしまっている「車線変更型」シャンクの気配があったが、それだけではなかった。

構えたときにはしっかりと左体側に密着していた左わきが、インパクトで相当体から離れていだ。いわゆる「疲労型」シャンクだ。この傾向は誰にもあるだろう。

さらに、クラブフェイスは確かにシャフトの先に取り付けられているわけだが、シャフトの軸上にフェイスのスィートスポット、つまりセンターがあるわけではない。どうも真剣に真芯で打とうとすればするほど、何だかシャフトの先をボールの芯に合わせてしまうような錯覚を起こす。

これは私だけのクセかも知れないが、バットでも金槌でもラケットでも、普通の道具はみなシャフトの先の軸上に必ずスィートスポットがあるので、長いことラケットを振っているテニスコーチとしては、錯覚するらしい。

それを補正してみたがシャンクは1センチほどセンター寄りになっただけで、まだセンターまで2センチもずれていた。シャンクはちょっと休憩すれば嘘のように治るものだが、研究者としてはそれでは困るので必死に打ち続けた。

打てば打つほどシャンクはひどくなるのだ。放っておけばそのうちにクレンザーの痕がフェイス上に出なくなって、ホーゼルの左に当たる。もっとひどくなるとホーゼル(ソケットのところ、あるいはネックとも呼ぶ)の裏側に出るはずだ。

右足親指の先端の痛みも心配しながら約1時間、打ち続け、いろいろ試し続けた。やってみることは山ほど知っている。それらを思い出す限り全てやってみた。駄目だった。そこで、ふと新しい考えが浮かんだ。

あっ、忘れた。いや、待てよ、、、そう、バックスイングをややアウトサイドに上げてみた。私のスイングは普通のバックスイングと普通のダウンスイングなので、たぶんインサイド・インになっている。そのバックスイングを心持ち外へ上げて振ったら、真ん中に当たった。

疲れているのでそこでやめ、これを書いている。私の場合ロングアイアンを不用意に力一杯振れば必ずシャンクは出るので、また次の機会にこの手が有効かどうか、確かめてみるが、たとえ有効であっても、大した意味はない。

普段出ないシャンクが出たときに役に立っても、まずコースでは一打以上損をするし、その方法を続けていたら、今度は何時かフェイスの先に当たってしまうときがやってくるのでまた何打か損をする。

シャンクの本質は「なぜその時シャンクになるか」であって、決定的な治し方というのは、その方法を何時やめるかまで教えてくれるものでなればならない。つまり始めから絶対に出ない方法こそ、シャンクの治し方と言えるのである。 筆者

« 0593 シャンク2013晩秋(ドライヴァーの構え方) | トップページ | 0591 空手チョップと張り手、どっちが強いと思いますか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0593 シャンク2013晩秋(ドライヴァーの構え方) | トップページ | 0591 空手チョップと張り手、どっちが強いと思いますか? »