« 0288 アイアンのインパクトライン痕跡測定器 | トップページ | 0290 練習場で沢山ボールを打つゴルファーへの助言 »

グリップの太さを変えて起こるスイングの本質的な変化とは別に、グリップの太さを様々に変えているうちに気付くことがあります。自分はグリップの太さを変えないと言うゴルファーでも、グラヴは替えるでしょう。グラヴ生地の厚みにはグリップを太くしたのと同じ効果があります。

グリップの太さを変えるのは意識的ですから問題ありませんが、グラヴを替えるのは汚れたとか新しいものを使いたいとかいう理由なので、その生地の厚みが変わると何が起こるかあまり気にしないでしょう。それは大変危険です。お気に入りのグラヴがあるゴルファーはつまり、グリップの太さに好みがあるということです。

ダフリの多いゴルファーがグリップを太くするとダフりにくくなります。厚手のグラヴかあるいはグラヴを2枚はめても同じ効果があります。逆にトップしてはいけない場面ではグラヴを外して素手で打つか、薄いグラヴに替えるとトップしません。ダフるかも知れませんが。

この現象は右手の掛かり方がそういう風になるように出来ているからで、不思議なことではありません。同じ現象は右手小指のオーヴァーラップを外してわしづかみにしても起こります。私のように元々わしづかみでゴルフをしている場合を除けば、普段よりも右腕がヘッド寄りに移動するのですからスイングしたときヘッドがボールに届かなくなってダフリを防ぐわけです。

練習して一応のスイングを持っている場合、その日その時季によって体は変調します。毎日練習していれば問題ありませんが、ちょっとダフリ気味だからと言ってスイングを調整してしまうと次のラウンドでどうなるかはわかりません。あまりスイングをいじりたくないなら、いろいろな厚みのグラヴを使い分けるか、やはり重ね着をするのが簡単です。筆者

« 0288 アイアンのインパクトライン痕跡測定器 | トップページ | 0290 練習場で沢山ボールを打つゴルファーへの助言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0288 アイアンのインパクトライン痕跡測定器 | トップページ | 0290 練習場で沢山ボールを打つゴルファーへの助言 »